KNB・熊本ネットバサーズ オフィシャルサイト

2015KNBトーナメントシリーズランキング[確定]

概況

11年ぶりにKNBサイズレコードが更新されるというドラマが巻き起こった今シリーズも最終戦が終了。
伝統の第17代チャンピオンはSHINGOが2年ぶり4度目の戴冠となった。
最終戦まで1p差で追う展開だったが、5位で入賞し低迷したたけちゅ〜♂を抜き去り、今季レギュラーシリーズ三冠とAOYを獲得。
圧倒的な強さが他の参加者の反感を買うことも考えられ、今後はなんらかのハンディキャップを用いることも検討せねばなるまい。
たとえばリールには5mしかライン巻けないとか。

第2戦までは暫定1位と好調だったたけちゅ〜♂。だが、最後の最後で初の優勝というプレッシャーに心も身も震えすぎたのか、そのプレッシャーに勝てなかったのか、体型を見るにスタミナなさそうな感じバリバリなそのままに最終戦で失速。
しかし初のシリーズ入賞となる3位を獲得した。

右手の止まらないサルみたいに週末になると釣りに行き続けるりょうまは、最終戦こそ入賞できなかったが全戦で安定した戦いを続け、シリーズ2位に躍進。マスターズに続き2つめのシリーズ入賞を果たした。

教良木ダムで56cmというKNBサイズレコードを更新した馬場利夫は3位と同ポイントながら惜しくもシリーズ入賞を逃した。

ディフェンディングチャンピオンよしもは最終戦で大失速し5位に終わった。

「中堤マイスター」とも呼ばれるやじは、再度中堤戦を制し6位に躍進。増え続けるノースフォークコンポジットの本数と同じく勝利数も増やした。

なんだかんだでこっそりと上位にいつづけるhiRo_くずが7位に入りクラシック権利圏内にとどまった。


なお、最終戦で大会なのにロッドを忘れて取りに帰った「Mr.逆パーフェクト」中村タイガーは最終戦もノーフィッシュ。
ロッド取りに帰っても帰らなくても同じ結果に終わり、ガソリンとカロリーを無駄に使っただけに終わった。
 
続きを読む >>

ウィンターシリーズでの権利獲得(ランキング上位8位まで)

  • よしも
  • 荘々(W2優勝)
  • ケンティ(W1優勝)
  • りょうま
  • かず吉
  • やじ
  • ごくよん
  • rush

KNBトーナメントシリーズでの権利獲得(ランキング上位7位まで)

  • SHINGO(T2優勝)
  • りょうま
  • たけちゅ〜♂
  • 馬場利夫
  • よしも(T1優勝)
  • やじ(T3優勝)
  • hiRo_くず

KNBマスターズシリーズでの権利獲得(ランキング上位7位まで)

  • SHINGO(M3優勝)
  • ケンティ
  • りょうま(M1/2優勝)
  • よしも
  • りまるおん
  • hiRo_くず
  • AGC

KNBウィークリーシリーズでの権利獲得(ランキング上位4位まで)

  • SHINGO(WK1優勝)
  • ケンティ
  • マコト(WK2優勝)
  • よしも

KNBペアトーナメントでの権利獲得(優勝ペア)

  • ヤジ
  • Showta

皆勤賞での権利獲得

  • Flame

ワイルドカードでの権利獲得

  • シュガー(総合11位)
  • 心(総合12位)
 

カスターズでの権利獲得

  • 龍青

日時:2015年9月13日(日)
場所:宇城市豊野町・鐙上堤・鐙中堤
時間:6:30〜11:30
参加者:23名
ウェイイン:19名

 

続きを読む >>

 

日時:2015年9月6日(日)
場所:宇城市松橋町・萩尾大溜池

時間:6:30〜11:30

大会形式:ボート(エレキまで)
参加者:11組(21名)
ウェイイン:11組

続きを読む >>

2015年のKNB大会スケジュールは下記の通り決定しました。

なお、会場・開催日時は水位や諸事情により変更になる場合があります。
また、大会当日の荒天予想等による中止、もしくは延期になる場合があります。
お知らせやBBSでの開催告知を必ずご確認ください。

 


 

続きを読む >>

(2015年8月13日現在)
登録名の後ろの()は、登録名変更の際の旧登録名
登録名の後ろの◎は、未成年(高校生以下)メンバーとなります。

※携帯/スマートフォンのアドレスで登録される方へ
最近、迷惑メールフィルタ等の理由で、返信メールが届かない方が増えています。
迷惑メールフィルタの解除、または「net-basser.net」のドメイン指定解除を行ってから入会フォームへお進みください。

 

ゼッケンNo / ハンドル名

---------------------------------------

続きを読む >>
2015年7月19日に行われました2015 KNBマスターズシリーズ 第3戦
 in緑川中流部の上位入賞者レポートです。







 
続きを読む >>
2015年7月8日に行われました2015 KNBウィークリーシリーズ 第2戦
 in鎧上堤・中堤の上位入賞者レポートです。







 
続きを読む >>

概況

爆釣劇が巻き起こった第1戦・萩尾大溜池。
そんな天国から一転、デスレイクでの沈黙の戦いとなった第2戦・緑川ダム。
そして唯一のリバーフィールドにして、唯一エンジンがOKとなる魅惑の緑川中流域での最終戦。


第1戦、第2戦を連勝し、初のチャンピオン戴冠は目の前まできていたりょうまだったが、最終戦でまさかのワンフィッシュで大ブレーキ。追うSHINGOの呪いか願いかは定かではないが、体調不良も重なって8p差の貯金さえ使い果たし、まさかのシリーズ順位3位となった。

りょうまの不調を一気にまくったのが2年連続シリーズチャンピオンとなったSHINGO。最終戦で優勝し8p差を一気に逆転。全戦表彰台という抜群の安定感で、またしても上位でコールされ、シリーズチャンピオンまで獲得したことに、周囲からは「またか」「やれやれ」と飽きた感の声が挙がった。

2位は最終戦ビッグフィッシュ賞を獲得したケンティ。またしてもSHINGOには届かなかったものの、昨年の不調を払拭するかのようにシリーズ入賞を果たした。なお、競技中は話しかけてもまともに答えてはくれない。

3位りょうまに続くは、KNB四強の一角よしも。
第1戦の低調な成績が影響して昨年に続くシリーズ入賞は逃したが、四強の砦は死守した。

シリーズ参加者35名につき、同シリーズからのクラシック権利獲得は上位7名まで。
各戦で必死なプラを展開するMr.必死りまるおんは、必死なプラが幸いしシリーズ5位。
ここまであわあわな成績で、皆勤賞決定までもつれこむと思われていた代表hiRo_くずだったが、最終戦で苦手の緑川で3位に入り、捲り一気でシリーズ6位で権利獲得。
さらに第2戦のホゲで圏外に消えたと思われていたエセ格闘家AGCがシリーズ7位に滑り込んで権利獲得を果たした。


なお、25位中村タイガーは、全戦に参加し全戦でホゲるという、KNBの歴史の中でも最も華々しく、最も美しく、最も笑われる「逆パーフェクト」を達成した。
次回参加時には全員で後ろ指を指して祝福してあげよう。

(文責:りまるおん)
 
続きを読む >>

日時:2015年7月19日(日)
場所:熊本市・緑川中流域(犬淵スロープ)

時間:6:00〜11:00

大会形式:ボート(エンジン使用OK)
参加者:23名
ウェイイン:14名

続きを読む >>
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11

このページの先頭へ