KNB・熊本ネットバサーズ オフィシャルサイト

15回目を迎えた「ルアーウェブショップ・カップ KNBオープン2015」が11月1日、萩尾大溜池で開催されました。
今年は過去最多の78名の参加者、そしてこちらも過去最多となる36社のご協賛によって盛大に開催されました。
例年雨に祟られる「逆・約束の日」とも密かに呼ばれているKNBオープンですが、今年はどこかの雨男が欠場したためか、雨にも降られることもなく久々の快適な大会。しかし朝からの冷え込みが厳しかったこともあり釣果は低調。ウェイインは28名、持ち込まれたバスの総数は51本でした。

今回より、大会の模様を逐次掲載していきます。
まずは優勝者と上位表彰者、各賞のご紹介。

続きを読む >>

全参加者:78名

ウェイイン:28名

ウェイイン総数:51本

 

続きを読む >>
第15回大会(2015年11月1日)=萩尾大溜池
参加者78名/ウェイイン28名
スペシャルゲスト2名(mibro&KTWLURES・塚本謙太郎/痴虫・松本光弘)
協賛社過去最高の36社。
スペシャルゲストとしてmibro&KTWLURESの塚本謙太郎氏、痴虫・松本光弘氏を招き、今大会ではステージも設置し、より盛大な大会となった。
第13回大会を上回る過去最多となる78名が参加。釣果はやや低調だったが、注目すべきは18歳以下の参加者が12名と劇的に増えたこと。最年少は6歳、最年長は53歳。親子での参加も増え、誰もが競技を楽しめる、KNBらしい和やかな大会になった。
3位・とわは6歳での史上最年少入賞。
優勝 guff(ゲスト) 875g/40.0cm
2位 AGC 770g/40.0cm
3位 とわ(ゲスト) 760g/37.5cm
4位 南(ゲスト) 630g/35.5cm
5位 凛(ゲスト) 450g/32.5cm
続きを読む >>
2015年10月11日に行われました2015 KNBクラシック
 in緑川ダムの上位入賞者レポートです。








 
続きを読む >>
2015年9月13日に行われました2015 KNBトーナメントシリーズ 第3戦
 in鎧上堤・中堤の上位入賞者レポートです。
(すいません、UP忘れていました・・・)







 
続きを読む >>

KNBの最も権威あるタイトル「KNBクラシック」の歴代チャンピオン/表彰者

続きを読む >>

KNB主催の主要トーナメントの順位で競う「総合部門」、KNB Angler of the Year歴代受賞者

続きを読む >>

KNB伝統のシリーズ。オカッパリルールで行われるオフ会型トーナメント「KNBトーナメント」の歴代チャンピオン。

続きを読む >>

日時:2015年10月11日(日)
場所:美里町・緑川ダム

時間:7:00〜12:00

大会形式:ボート(エレキルール)

特別協賛:Studio SORA
参加者:15名
ウェイイン:4名

 

続きを読む >>
2015年レギュラーシリーズも全日程を終了。
第15代AOYは122pを獲得し3つのシリーズチャンピオンとなったSHINGOが2年連続4度目のAOYに輝いた。
AOY獲得のための大前提。それはヒマ人であること。SHINGOは今年も全戦参加するというヒマ人ぶりを発揮。
「結婚式の準備で忙しい」とエクスキューズを用意しつつも今年もなんなく全戦参加。年間3勝とウィンターを除く3冠を獲得して圧倒的な強さと重さを見せつけた。

2位は昨年より一つ順位を上げたケンティ。
ウィンター開幕戦で勝利を挙げ、さい先の良いスタートを切ったが、その後は勝利無し。KNB-Tシリーズでの低迷が尾を引いて5度目の戴冠はならなかった。しかしながら全戦参加のヒマ人ぶりは健在だ。

3位は昨年よりワンランクダウンのよしも。
KNB-T第1戦で勝利したものの、海釣りにかまけた影響かプラの回数もほとんどなく時折大ブレーキな成績を残したが、なんとかAOY入賞枠には踏みとどまった。

4位は昨年と同じくりょうま、ローライズすぎるパンツがたまに半ケツなのが不評だが、マスターズ2勝を含め今年も絶好調。3位よしもに1p届かず。ウィークリーシリーズでの不参加さえなければ入賞もありえただけに惜しいところ。

5位は富豪やじが昨年に続き5位を死守。途中スランプに陥ったが、1周まわって落ち着いたと思われていた物欲が再燃。KNB-T第3戦での上・中堤戦2連覇など、「金にモノを言わせる」戦い方は、勝負でもホテルにおねーちゃんも呼ぶ時も相変わらずだ。

6位はFlame。こんな上位なのにどのシリーズでもクラシック権利を獲得できずにワイルドカード争い組をヒヤヒヤさせたが、ヒマ人ぶりをいかんなく発揮し、昨年に引き続き皆勤賞でのクラシック出場を果たす。しかし過密日程に疲弊しすぎているという噂もチラホラ。

7位hiRo_くず、9位馬場利夫はそろってシングルゼッケンへ復帰。8位AGCは初のシングルゼッケン獲得となった。

新人賞は18位のzunzunが獲得。
今年は昨年からの躍進組、または新メンバーの中に躍進した者が少ない印象を受ける。来年の奮起に期待したいところだが、中村タイガーは今のままの君でいい。むしろそのままがいい。

クラシック権利獲得はカスターズで獲得した龍青を含めて全20名。
AOY・SHINGOは初のメジャータイトル2冠獲得なるか、それともケンティが雪辱を期すのか、はたまた、新たなチャンピオンが生まれるのだろうか。

(文責:りまるおん)
続きを読む >>
1
2
3
4
5
6
7
8
9

このページの先頭へ