KNB・熊本ネットバサーズ オフィシャルサイト

KNBオープンの最新情報についてはこちらでお知らせしていきます

※下記に記載しているルールは2015年版のものであり2017年6月13日段階で、タイムスケジューを含む全ての内容は予定、または未定です

開催日、場所
  • 開催日 2017年11月5日(日)※予定
  • 場所 萩尾大溜池(宇城市松橋町)
大会への参加申し込み方法
  • 当サイトの申し込みフォームより必要事項を記載の上送信することで大会申し込みができます。
  • 申し込みは当サイトからの申し込みのみとなります。当日、会場での飛び入りでのお申し込みは出来ません。
参加申し込み締め切り
  • 未定
受付・競技時間
  • 競技時間は7:00頃〜11:00までとする。
  • 受付時間は6:00頃から6:45頃までとし、それ以降の受付は行わない。
  • 受付時間、競技開始時間は当日の状況により多少変わる場合があります。
  • 11:00〜11:30 清掃活動
  • 11:30〜13:00 閉会式&抽選会
  • 13:00〜 昼食(希望者のみ)
参加資格
  • KNB登録メンバー、及び一般参加者(シニア用エントリーフォームよりお申し込みください)。
  • 一般参加者が高校生以下または高校生以下に準ずる年齢の場合、保護者、または保護者同等の責任を負う一般参加者とともに参加すること(ジュニア・保護者専用エントリーフォームよりお申し込みください)。
  • KNBは「ネットで交流を深め、その交流をフィールドでも拡げよう」いう趣旨で活動している「オフ会」の延長線とも言える団体です。よってオン(ネット上)・オフ(ネット以外)いずれにおいても、それぞれのマナー、モラルを逸脱した方、特にネット上においてブログ・SNS等においての当大会協賛企業や特定個人等に対する悪意のある発言や貶める行為、あるいは過去に上記と同等の行為やメンバー間においてトラブルのあった方の参加はお断りする場合があります。
  • トーナメントを円滑に進めるため、またKNBメンバーや当大会に参加していない他の一般のアングラー、または地元の皆様に迷惑をかけないため、競技中の事項に対し細かく禁止事項を設定しており、大会参加者は当ルールを全て熟知していることが参加の条件とします。
大会参加費
シニア(18歳以上)=2,000円(弁当・飲み物付)
ジュニア(高校生以下または高校生以下に準ずる年齢)=1,500円(弁当・飲み物付)
※となります。事前エントリーの締切以後の申込、大会当日の申込は行いません。
競技ルール
  • 競技時間内に釣り上げたブラックバス1尾を指定検量所に持ち込み、その重量によって順位を決定する。
  • キーパー(魚体の大きさの制限)規定はない。
  • 検量は何度でも行うことができ、各選手の検量した最大魚を公式成績とする。
  • 同一重量の場合は、先着で検量した選手を上位とする。
  • 競技時間以内に帰着申告を行うことで選手の競技終了とする。帰着申告を行った後の釣果については検量を行わない。
  • 帰着時間を超えた帰着申告については、成績に対してペナルティ-100gとする。また、競技終了時間を20分を超えて帰着申告を行わなかった者については失格とし、大会参加に関する全ての権利を失効する。(詳細「失格行為・ペナルティについて」を参照)
  • 受付時に配布されるゼッケンカードを競技時間中は、他者から必ず判読出来る場所に装着しておくこと。ゼッケンカードを装着していない競技者についての検量は行わない。
  • 魚体を守るために、検量所には必ず当日に配布されるウェイイン袋に水と魚を入れて持ち込むこと。
競技中携行すべき物・携行推奨品
大会中、参加者の安全・マナーを考え、以下のアイテムの携行・装備を推奨します。
  • ゼッケンカード(受付時に支給)=競技中、回収の指示があるまで必ず装着しておくこと。
  • 帽子
  • 偏光グラスまたはサングラス・眼鏡等
  • 携帯灰皿(喫煙者のみ)
  • ニーブーツ
  • ゴミ袋(運営部より支給)
    ※拾ったゴミは各自、自分の住む自治体のルールに従い処分すること
  • 携帯電話
使用できるタックル・漁具について
  • 使用できるルアーは、ハードベイト、ソフトベイト、ワイヤーベイトのいわゆる「ルアー」と定義される漁具のみとする。
  • エサ、フライ、投網、サビキ、バイオワーム、練り餌、撒き餌等、生体を原料とした物の使用は禁止する。
  • 使用できるロッドの長さは9ftまでのロッドとする。
  • 競技中所持できるロッドは2本までとする。ただし予備のロッドとの途中交換は可能。
  • 必ず手に持った1本のロッドでの釣りとし、置き竿等による2本以上のロッドによる同時使用は禁止する。
  • フィッシュフォーミュラ(集魚剤)、ソークオイル、ワームオイルはについては特に規制はないが、環境に留意したものを使用することが望ましい。
  • ハンディソナー、キャスティングソナー等、あらゆる魚群探知機の使用を禁止する。
  • マーカーブイの使用等、故意に湖面、湖岸に目印をつける行為を禁止する。
  • フック(釣り針)が装着されたルアー・ワームは一つのタックルに一つのみ付いているものとし、同時に二つのルアーを装着したリグを禁止する。(例:シンキングプラグをシンカー代わりにしたダウンショット等)
  • ランディングネットの使用は禁止とする。
競技中のマナーについて
  • 不要となったライン(釣り糸)やゴミ等を捨てる等、マナーに反する全ての行為を禁止する。
  • 大声、奇声を上げたり、参加者、一般客を含め、周囲に迷惑のかかる行為を禁止する。
  • その他、明らかなモラル・マナー違反、KNBならびに大会運営に不利益・支障の出る行為を禁止する。
  • 先行者への断りのない、明らかに先行者に迷惑のかかるポイントへ侵入、または先行者の周辺へのキャストを禁止する。
失格行為について
大会中、KNB運営部が違反と認めた行為については、失格・または成績に対しての減点等を課すペナルティを与える場合がある。

なお、参加者が失格行為を行った場合でも、大会参加費等の返還は行わない。また、失格行為を行った後は、大会に関する全ての権利を失効し、翌年以降の大会出場を断る場合がある。
  • エントリー受付を完了しているにもかかわらず、大会当日に連絡なく来場がなかった場合。
  • ゴミを捨てる、備品を壊すなどのフィールドでの施設、自然の破壊行為
  • 大会期間中に釣った魚以外を、他のフィールドから違法に持ち込んだり、あらかじめ用意しておいたものを検量したりする場合。
  • 外来生物法に抵触した行為を行った場合。
  • 上記「使用できるタックル・漁具について」に触れる、故意による悪質な違反。または軽微な違反ながらKNB大会運営本部の警告を無視し、故意に連続して行われた場合。
  • KNBの大会運営、組織運営に支障のでる行動を行ったと判断した時。
  • 競技終了時刻20分を過ぎても帰着申告しなかった場合、あるいは帰宅したり等、大会会場からいなくなった場合。
ペナルティ(減点)行為について
下記の行為に該当する場合は、選手の大会成績より規定に従って成績を減ずる。
なお、該当の選手がノーフィッシュの場合は0g以下の減点は行わない。
  • フックを飲まれた魚の検量(-50g)
    ※検量前にフックが飲まれたことを選手自身が申告すること。選手からの申告がなく、大会本部によってフック飲みが判断された魚については検量対象外とする。 全てのフック飲みは、釣った魚が既にフックを飲んでいた場合もこのルールの対象となる。
  • 帰着時間を過ぎてからの帰着申告(-100g)
参加のキャンセル方法
  • エントリー受付後に出場のキャンセルを行いたい場合は、熊本ネットバサーズの「お問い合わせフォーム」より、氏名、登録ハンドル名を記入の上、大会出場のキャンセルの旨を記載し送信してください。

(2016年10月25日現在)
登録名の後ろの()は、登録名変更の際の旧登録名
登録名の後ろの◎は、未成年(高校生以下)メンバーとなります。

※携帯/スマートフォンのアドレスで登録される方へ
最近、迷惑メールフィルタ等の理由で、返信メールが届かない方が増えています。
迷惑メールフィルタの解除、または「net-basser.net」のドメイン指定解除を行ってから入会フォームへお進みください。

 

ゼッケンNo / ハンドル名

---------------------------------------

続きを読む >>

2016年のKNB大会スケジュールは下記の通り決定しました。

なお、会場・開催日時は水位や諸事情により変更になる場合があります。
また、大会当日の荒天予想等による中止、もしくは延期になる場合があります。
お知らせやBBSでの開催告知を必ずご確認ください。

 

2016年のすべてのスケジュールは中止となりました。

 

 

続きを読む >>
2016年2月14日に行われました2016ウィンターシリーズ第2戦 in萩尾溜池の上位入賞者レポートです。






 
続きを読む >>

概況


オカッパリとボート戦各1戦・計2戦によって行われる「厳冬王決定戦」KNBウインターシリーズが終了。
2016年のKNBもいよいよ本格的なシーズンへと向かう。

今年から萩尾大溜池で2連戦となった今シリーズだが、江津湖が苦手だった者からは歓迎され、例年に比べ萩尾のコンディションも良かったことなどもあり、シリーズを通したウェイインが昨年の8名に比べ13名へと増えた。

シリーズチャンピオンに輝いたのは、もはやその名前を口に出すことさえも飽きてきたSHINGO。
3年ぶり2度目の戴冠となった。

2年連続AOY獲得の勢いそのままに、第1戦2位、第2戦優勝で、2位に10ポイント差を付ける圧勝で幕を閉じた。

しかし、昨秋のKNBオープンで購入したXLサイズのmibroのフーディが、身体の巨大化により早くも着られなくなっているなど懸念材料もあり、今後のレギュラーシリーズの動向には注視したい。


大きく引き離されて2位以降は大混戦となった。

2位は心。
第1戦は8位と最低ラインを死守しつつ、第2戦で2位を獲得し混戦の2位争いを勝ち残った。
ミクロなポイントで「そこにバスがいる」と分かっている時のキャッチする能力は、KNB四強に優るとも劣らないトップクラスの能力を持つが、自身の書く文章は小学生レベルであり、さらには誤植が多いことから、それを読解するにはかなりの時間を要する。
まずは漢字の書き取りから練習してほしい。

3位は冬のタフな状況では圧倒的な強さを発揮するケンティ。
第1戦4位、第2戦7位と今年も外さず、昨年と同じシリーズ3位をキープ。

3位と同ポイントでフィニッシュしたため、惜しくもゼッケン順で入賞を逃す4位となったのは、エセトレーラーのAGC。
自分でボートをランチング出来ないが、見事に2戦ともバスをキャッチして上位進出。
自らの判断と戦術でバスをキャッチできるが、他人の手助け無しではボートを片付けられない。

5位も3位と同ポイントのりまるおん。
長いKNBキャリアの中で、初のウインターでの5位以内を確保。
3位と同ポイントということもあり、あと一歩で入賞でもあるのだが、これでもお腹いっぱいらしい。
 
続きを読む >>
酷寒の冬季のみで行う「厳冬王決定戦」ともいうべきKNBウィンターシリーズの歴代チャンピオン
続きを読む >>
2016年1月17日に行われました2016ウィンターシリーズ第1戦 in萩尾溜池の上位入賞者レポートです。





 
続きを読む >>

KNB・熊本ネットバサーズへの入会方法を説明します。

2017年熊本ネットバサーズメンバー登録について

2017年メンバー登録は2月頃より開始します。現在はメンバー登録を休止しています。

メンバー登録開始時は、改めてご案内いたします

 

KNBは、熊本県内を中心としたバス情報WEBサイト、ブログ、SNSの集合体として組織されたオフ会団体であり、ネット閲覧者であれば誰でもメンバー登録ができます。メンバー登録された方は、KNBが運営するトーナメント、オフ会等へ参加することができます。
ネットとフィールドにて、 お互いの情報と楽しさの共有をしましょう!
続きを読む >>

1位 馬場利夫(56.0cm)=オカッパリ

[2015KNBトーナメントシリーズ第3戦(教良木ダム)]
※教良木ダムサイズレコード

 

2位 hiRo_くず(54.5cm)=オカッパリ

[2004KNBトーナメントシリーズ第3戦(萩尾大溜池)]
※萩尾大溜池サイズレコード

3位 土門林(54.0cm・2365g)=ボート

[2009マスターズ第3戦(緑川ダム)]
※緑川ダムサイズレコード

3位 セイ(54.0cm)=オカッパリ

[2009ウィークリーシリーズプレオープン(鐙上堤・中堤)]
※鐙上堤・鐙中堤サイズレコード

5位 Flame(52.0cm)=オカッパリ

[2007KNBトーナメント第3戦(網道池)]
※網道池サイズレコード

6位 るち(50.8cm)=ボート

[2002マスターズシリーズ第1戦(江津湖)]
※江津湖サイズレコード

7位 ケンティ(50.5cm)=オカッパリ

[2013ウィンターシリーズ第1戦(下江津湖)]

8位 よしも(50.0cm・1775g)=ボート

[2007マスターズシリーズ第1戦(江津湖)]

8位 潤(50.0cm)=オカッパリ

[2007KNBトーナメント第3戦(網道池)]
※画像なし

8位 SHINGO(50.0cm)=オカッパリ

[2015KNBトーナメントシリーズ第3戦(教良木ダム)]
続きを読む >>
1
2
3
4
5
6
7
8

このページの先頭へ