KNB・熊本ネットバサーズ オフィシャルサイト

KNB用語辞典 【か行】

かいr
おやぢCHATでのKNBメンバー・カリ5の別称。入力ミスから派生 《同類》るいt、かいr
かせ【加勢】
(1)加勢川のこと (2)KNBメンバー・加勢川漁師のこと 〔誤用例〕ちょっと金かせ
かせがわいんれっと【加勢川インレット】
上堤のオーバーフローから中堤に流れる水路のこと。大会中にこの水路に加勢川漁師が落水したことから命名。
かとうたか【加藤鷹】
KNBメンバー・悦子が心の師匠と仰ぐAV男優。彼の潮吹きを繰り返し見て勉強し、今の悦子があると言える
かにってる【カニってる】
第2回おやぢオフにて、遅れてきたものの、いきなりカニをむさぼり食う、まうの姿を指す。
か〜〜〜〜り!
KNBメンバー・Sliderが、使いっ走りをさせようとカリ5を呼ぶときに発する言葉。大抵、この後に「はよけ〜〜!(早く来い!)」が続く連続コンボとなる
かり【カリ】
(1)ダイコーのロッド・カリスマスティックのこと (2)KNBメンバー・カリ5のこと
かりふぉるにあぶらざーす【カリフォルニアブラザース】
hiRo_くずと加勢川漁師が、同じ赤と紺のボーダーシャツを着てジョイフルにて隣同士の席に座っていた光景が、まるでカリフォルニアのゲイカップルのようだったことから生まれた言葉。これを機に臼井牧夫も同じ柄のボーダーシャツを購入。ブラザースへの仲間入りを目論んでいる。
かりぼーと【カリボート】
カーメイトの一人乗りボート「フロートボートZ1」のこと
かんつり【カンツリ】
ルアー・フライ専用の管理釣り場のこと。KNB内では「九重フィッシングリゾート」のことを指すのが主流 〔例〕明日カンツリ行く? 〔誤用例〕いまからカンケリしよーぜ

きくちおんせん【菊池温泉】
KNBメンバー・すがPのホームグラウンド。安くてしかも、スンゴイことをしてくれるらしい
きちく【鬼畜】
家族を顧みず、日夜釣行に出かけ、タックルを買いあさる者を指す。 《同義》TAKA-C
きでんをあいす【貴殿を愛す】
KNBメンバー・TAKA-Cが、ぴぴおの名を語って、女の子に出したラブレターに書かれていた文句。この後、その女の子とぴぴおは交際することになったことから、KNB内では女性を口説き落とす必殺の名文句と言われている 【誤用例】おでんとアイスが好きです
きゅうさんきょう【旧三強】
KNBで常にトップを行く、るち、悦子、TAKA-Cの三人を指す。ネタ的にも常にトップを行っている3人でもある。
きよしのずんどこぶし【きよしのズンドコ節】
氷川きよしの名曲「きよしのズンドコ節」のこと。ビデオ「KNBクラシック2001」では、るちのファイトシーンのBGMとして使用された。以後、この曲がかかると、るちの顔を思い浮かべるという症例が多数報告された
ぎゃくこんこるど【逆コンコルド】
〔対義〕コンコルド 〔同義〕悦子型 船首の競り上がったボート。ただし、ボートに対しては「悦子型」と称するが、本項はイチモツ自身のことを指す。そりあがった状態。天高く上を向いた状態。希望に満ちあふれた状態。 なお、逆に下にうつむいた状態を「コンコルド」と言う。人差し指を前に出し、指先を下に折り曲げながら力強く言うのが正しい言い方である。 悦子が声を大にして「オレは逆コンコルド」と力説するが、実はコンコルド型らしい。
きりもみ
KNB・NBCチャプター熊本の両団体で「使え〜ん」が共通語となりつつある存在。最近は極度の肥満傾向にあるため、「でぶもみ」「じじい弟」などと揶揄されている。

くされ!んこ!ばかたれ!
KNBのこと
くされげどうしょう【クサレ外道賞】
KNBの年間シリーズにおいて、最も大きいブラックバス以外の魚を釣った者に与えられる、完膚なきまでに誰も貰いたくない賞。
くされたと【クサレタト】
Flameが「クサレ外道賞」と書こうとしたら、「外」の字を「下」と間違って書こうとしたため、その文字をなぞって「外」という字に訂正しようとしたSHINGO。しかしどう見ても「タト」にしか見えず、周囲のメンバーから「クサレタト?(熊本弁で腐れたの?の意)」を連発され、あっという間にそれだけで会話が成り立っていった。〔使用例〕「クサレタト?」「クサレタトー」「ああ、クサレタト−」「そうそう、クサレタトー」
くずってる
釣行回数が狂気的に多い状態をさす。狂ってる様 〔例〕「え?今月25日間も釣りに行ったの?オマエくずってるよ!」 〔誤用例〕「え?オマエ合コン行ったの?オマエくずってるよ!」(ある意味正解)
くまもとねっとばさーず【熊本ネットバサーズ】
熊本県内のバスフィッシング関連ウェブサイトの集合体として発足したオフ会組織。ネットとフィールドでの交流を図ることを目的に、年数回のトーナメントを開催して交流を深めている
くまもとばすはんとくらぶ【Kumamoto Bass Hunt Club】
KNBのルーツとも言うべき、熊本発のバスフィッシング関連ウェブサイト。1998年夏開設。管理人はKumamoto Bass Hunt Club。現在は管理人多忙なため、更新は滞りがち。同サイトが生み出した「トップでバホバホですよぉ〜」はあまりにも有名
くらしっく【クラシック】
KNBクラシックのこと。その年の大会の優勝者など、有資格者のみに出場が許されるトップトーナメンターによるワンデイトーナメント。KNBの誰もが出場を夢見る大会〔誤用例〕「家に帰りたいなぁ」「うん、それホームシック」

けいえぬびー【KNB】
(1)Kumamoto Net Bassersの略称 (2)北日本放送の略称。どっちかっていったら、こっちが圧倒的にメジャー (3)熊本ネットぶりぃ〜ずの略称。すでに幽霊組織
けいえぬびーうんえいぶ【KNB運営部】
KNBの運営・管理を行う部門。
けいえぬびーとーなめんと【KNBトーナメント】
KNBが設立された年より行っているオカッパリトーナメント「KNBトーナメントシリーズ」のこと。年3戦を行う。他メンバーの認証、ゲームポイント制という独自のルールを使用した競技体系が、オフ会としての人と交流が出来る大会。釣れないフィールドだと時間が経つにつれ、心の寒さをしのぐように多くの人が一箇所に集まってダラダラと過ごしだすことでも有名。
げーむぽいんと【ゲームポイント】
KNBコンペティションシリーズの競技において、釣れたバスのサイズ別に与えられるポイントのこと。競技点。このポイントの合計点で順位を決する。〔同類〕トーナメントポイント
けちゃっぷ【ケチャップ】
KNBメンバー・りょうまがこよなく愛する調味料。主に食料としてではなく性癖の道具として使うのが特徴。〔類義語〕マヨネーズ
げどう【外道】
釣りたい魚以外が釣れた場合を指す。KNBでは、ブラックバス以外の魚を指し、ブルーギル、ナマズ、ライギョ、ヘラブナ、マブナ、コイ。カラスガイなどが過去に釣れた実績を持つ。現在の外道最高記録は2001年、クランカーMが釣り上げた80cmのライギョ
けんがい【圏外】
KNBメンバー・リターンエースが会話中、なんの反応を見せなくなった状態のこと。
けんてぃのふぇろもん【ケンティのフェロモン】
KNBメンバー・ケンティのお尻付近にキャストすると子バスが多数ヒットすることから、子バスを誘引するフェロモンを発しているという仮説。ただ誘引しているものがフェロモンなのかガルプなみの体臭なのかは現在の研究課題。

こいつりしのまうさん【コイ釣り師のまうさん】
真夏の炎天下の大会時に麦わら帽をかぶってゴムボに乗っていたKNBメンバー・まう氏の姿から派生。彼がバスを持って写っている写真は、後にKNBカバー・オブ・ザ・イヤーを受賞した。
こいですねぇ【コイですねぇ】
2001年KNBクラシックにて、その年のランカー賞となる48cmのバスを釣り上げたhiRo_くずが発した言葉。その辺のキレイなおねえちゃんに一目惚れした際にも「恋ですねぇ〜」と言っているが、基本的に意味が違う
こうしんまだ?【更新まだ?】
大会が終了したにも関わらず、いつまで経っても成績やレポートがアップされないことに腹を立て、管理人に対して催促する際に発する言葉。あまり多用すると、管理人が泣き出すので注意が必要
こおりのおんな【氷の女】
2年連続ウィンターシリーズチャンピオンとなったFlameのこと。冬季にはめっぽう強い。
こんかいのはいまいちだったね【今回のはイマイチだったね】
渾身のネタをサイトにアップしたにも関わらず、あまりウケがよくない時、閲覧者から管理人に発せられる言葉。ハギドリに関しては、この言葉を発せられると、とてもヘコむらしい 〔誤用例〕アナタって今日はとてもすごかったわあ〜。わぁ、またおっきくなってるぅ♪
こん、くされげどうが【こん、クサレ外道が!】
主にすらおやぢが、カリや他の選手に向かって言う言葉。〔誤用例〕コンクエストどう?
ごんざれす・りまーりお【ゴンザレス・リマーリオ】
ビデオ「KNBクラシック2001」において音楽監督を担当。国籍、年齢等一切不明の謎の男。「どこの国の人ですか?」との問いに「いや、それには答えられん」と流ちょうな日本語で返答があった
こんぺてぃしょんしりーず【コンペティションシリーズ】
かつてKNBが主催するオフ会のことを呼称していた。現在は使用されていない。KNBトーナメント、KNBマスターズといった名称で行われるトーナメントスタイルのオフ会である。年単位でシリーズを開催し、チャンピオンを決定する。

このページの先頭へ