KNB・熊本ネットバサーズ オフィシャルサイト

KNB用語辞典 【あ行】

あーすきかく【アース企画】
KNBのオフ会後に食べるバーベキューを頼んでいる業者さん。時々来る若いお兄ちゃんには、時としてカメラマンを依頼したりする。
あえんをとりましょう【亜鉛を取りましょう】
加勢川漁師がメンバーに提唱するセリフ。精力の減退の見られる30代以上のメンバーに、精力の源となる亜鉛を積極的に摂取しようと呼びかけていた。加勢川漁師の連日連夜のおねえとのバトルの秘訣は亜鉛によって導かれていることが如実に分かるセリフでもある 〔誤用例〕あ〜え〜 え〜のんか〜
あげあげ【アゲアゲ♂】
KNBメンバー・はやしゃんが発する言葉。はやしゃんが良く行く某大人のお店系ジャンルから派生。〔使用例〕アゲアゲ♂でいっちゃいましょー 〔誤用例〕ハゲハゲでツルッツル
あざーす
「ありがとう」の意。【誤用例】「らくのう?」「まざーす」
あたったらごめんね【当たったらゴメンね】
別のアングラーのボートのそばにルアーを投げるときに言う言葉。減水した萩尾溜池で行われたマスターズで、キャストする場所に困った選手たちから、キャストする際に自然発生的に発せられた言葉 〔誤用例〕この生ガキおいしいけど、当たったらゴメンね
あたたちゃー
土門林をはじめ、多くのメンバーが放つネイティブ熊本弁。本来は「あなたたちは(本当にもう)」の意。相手の行動、言動に呆れかえった時に用いる。
あついですよね【暑いですよね】
KNBメンバー・臼井牧夫が夏はおろか、冬に至るまで一年中他メンバーに対し発する言葉。2月の酷寒のKNBトーナメントでもシャツ1枚で参加したり、外気温2度の時に、毛布無しで車中泊できる天然肉襦袢男だからこそ言えるセリフ 〔誤用例〕Sliderってツラの皮厚いですよね
あー、まー、そうよね
KNBメンバー加勢川漁師が熱く語り出した時に、あまりの時間の長さにもうどうでも良くなって相手の話を聞かないうちに妥協してしまう時に使う言葉。
あら?
(1)バイトの後の絶妙かつ素早いフッキング動作にもかかわらず、ヒットしていなかった場合発せられる言葉 (2)ファイト中にバレてしまった場合に発せられる言葉 〔誤用例〕やっぱりノリの佃煮はアラに限るね!
あるちゅうしぇいきんぐ【アル中シェイキング】
KNBメンバー・てらが使用する最強のメソッド。血中のアルコール濃度が不足し、禁断症状が出た際に生じる微妙な手のブレを利用したシェイキング。微弱な振動にたまらずバスは口を使うと言われており、WFCトーナメントでも優勝を含め数度上位へと躍進、KNBクラシックでも5位入賞を果たした。しかし長時間の禁断症状には耐えられないため短時間しか使用できない諸刃の剣でもある
あれ?
《同義》あら?
あんぐらーずぱーてぃー【Angler's Party!】
KNBメンバー・すがPが開設していたウェブサイト。1998年冬に開設したもののすぐに更新が途絶え、後にリニューアルしたもののすぐさま更新が途絶え閉鎖されていった 〔同義〕あんぐらぱんちー
あんにゅい
以前在籍していた、るちが多用した表現。自堕落で貧相な品質の自作ルアーを説明する際に用いた。

いいっすよ
基本的に断ることを知らない男、KNBメンバー・hiRo_くずが釣行に誘われた時に言う言葉。〔例〕え〜、マジ行くとですか!いいっすよ。何時にします?
いがらしじゅん【五十嵐準】
KNBメンバー・潤の以前のハンドルネーム 「五十嵐準」を経て「いがきち」となり、現ハンドルネームへと落ち着いた 〔誤用例〕「“ペガサスの朝”唄ってた人だね」「オマエ古いよ」
いつもはつれるんですけどねぇ【いつもは釣れるんですけどねぇ〜】
普段は釣れるのに、KNBのオフ会時に全然釣れない場合に発する言葉。KNBメンバー・ふるたんが、全戦ノーフィッシュというKNBマスターズ逆パーフェクト記録を樹立しそうになった時に発した言葉。当時ふるたんが「いつ」「どこで」「どのくらい」釣っているのか、誰も分からなかった。
いんちきとーなめんたー【インチキトーナメンター】
KNBメンバー・まさおうのこと。大分から参戦していたが現在は神奈川に転勤したため、ネット上のみのつきあいとなっている。チャプター戦にも精力的に参加していたが、現在はパチスロにご執心。

うぃーくりーしりーず【ウィークリーシリーズ】
KNBのトーナメントの一種、KNBウィークリーシリーズのこと。平日限定でボート、オカッパリ戦をそれぞれ行う。平日のみの開催にも関わらずほぼ100%の参加者がいつもの参加者の顔ぶれという、企業の有休消化に貢献している大会であると同時に、仕事ほったらかしてやってくる人も混じっており、日本の経済活動を停滞させる要因ともなっている大会。
うぃなー【ウィナー】
KNBコンペティションシリーズでの各大会での優勝者のこと。 〔誤用例〕ウィンナーはやっぱり大人の黒だね
うぃんたーしりーず【ウィンターシリーズ】
KNBのトーナメントの一種、KNBウィンターシリーズのこと。冬季限定、酷寒の季節に行われる「酷寒王決定戦」とも称される。1月〜2月にボートとオカッパリ戦の計2戦が行われる。KNBのトーナメントの中で最も早く開催され、最も早く終わる。そのためシーズン終了時には誰がチャンピオンだったのか忘れられてしまうことも多い。
うぃんなーうらない【ウィンナー占い】
悦子が得意とする占い。食事の席にて女性に対し「実は私、占いに凝ってまして、現在ウインナー占いというものをやっております」と真顔で語りかけ、真剣な表情のまま「さ、くわえて」とおもむろにウィンナーを差し出す一連の行動を指す。基本的に歯を立てることは御法度らしく「今、歯を立てたろ?」とやさしく注意される。この占いによって、何が、どう占われるのかは、未だにナゾである。

えいえんのじゅうきゅうさい【永遠の19歳】
KNBメンバーFlameのこと。Flameが何年在籍しようが、何年経とうが年齢を19歳に固定してしまうという鉄の掟。KNB内の取り決めで向こう10年間有効とされているが、失効後も延長することで穏便にすませようという空気が圧倒的だ
えーおーわい【AOY】
KNB主催の全トーナメントシリーズの順位点合計によって争われる総合部門チャンピオン「KNB Angler of the Year」のこと。 〔誤用例〕えーかー?えーのんかー?
えつこ【悦子】
(1)江津湖 (2)KNBメンバーの一人。愛称悦っちゃん 《同義》悦子のすまた 〔例〕おい、今日悦子に行くぞ 〔誤用例〕悦子さん、ぼ、ぼかぁ〜もう〜!
えつこがた【悦子型】
船首がせり上がっているタイプのゴムボートのこと。現在販売されているゴムボの中では最もスピードが早いとされている。〔同義〕悦子級
えつこぐんだん【悦子軍団】
KNBトップトーナメンター・悦子を軸に同年代の中年連中が集ったKNB内派閥。全員が40を過ぎ、全員が50歳に片足突っ込みかけてる介護保険適用寸前チーム。その実力はKNB内でも抜きんでているが、精力は右肩下がりだ。
えつこのすまた【悦子のすまた】 (1)江津湖を熟知した人を指す。「江津湖マスター」が語源 (2)KNBメンバー・悦子の旧ハンドルネーム 〔例〕ヤツこそ悦子のすまただね。〔誤用例〕オレ、昨日悦子にすまたプレイされちゃったよ
えつこのつりきょうしつ【悦子の釣り教室】 KNBメンバー・悦子が、これからバスフィッシングを始めたい女性に対し、釣りを教えるイベント。KNBの独身アングラーも講師として参加し、血眼になって自らの将来の幸福を掴もうとしているが、いまだ成功事例は聞いたことがない。
えつこのよばい【悦子の夜這い】
江津湖での夜釣り 《同類》ヅコる 悦子
え?なんすか?
主にマコトが状況が読めていない時に発する言葉。周囲の全ての人が把握出来ているのに、マコトだけが読めていない時に言うため、周囲がイラっとする。
えれしこ
本来は「えれーしこ(とても)」の意だが、いつの間にか短縮されてしまったネイティブ熊本弁。〔例〕今日はえれしこ釣れたですばい! 〔誤用例〕ロナウジーニョのエラシコはすごいね 〔誤用例〕理科の実験でフラスコ使ったよ
えろえろだいまおう【エロエロ大魔王】
KNBメンバー・Shinjiのこと。初対面の女の子に、当時すでにレアと言われていたステイシーVer.1を惜しげもなく渡したことが由来。そのルアーに自分の携帯電話番号が記されていたという、まことしやかなウワサさえも持ち上がった
えんとろぴーもーど【エントロピーモード】
周りが爆釣している中で、とあるルアーを使用した途端、ぱったりと釣れなくなること。2人で100本近く釣れるという爆釣モードの時、エントロピールアーをセットした途端、パタっと釣れなくなったことが語源
えんとろぴーるあー【エントロピールアー】
るちが自作するオリジナルルアーのこと。昔に比べ仕上がりは良くなってきたが、仕上がりが良くなれば良くなるほど、釣果が上がれば上がるほど、エントロピールアーとしての魅力は薄れていく

おい、れい!ぼーとながされよるぞ【おい、RAY!ボート流されよるぞ!】
2003年1月19日萩尾溜池。雨の中撤収しようとボートを片づけていたRAYのフロートボートが、風で流されてしまった時に発せられた一言。その後、流されゆくフロートボートに対し、ルアーをキャストしなんとか引っかけようとメンバーが奔走。漂流から10分後、ようやく土門林のルアーがフッキングし、ランディングされた。
おうごんきょうたんぼうたい【黄金郷探訪隊】
KNBに在籍していたじじいが開設したホームページ。しかしながら飽きやすい性格も手伝い、黄金郷を探すこともできないまま、いや、探すそぶりすら見せないまま更新停滞の後に閉鎖。
おかわり
愛人のこと
おかわりくん
愛人を持つ男のこと
おさる【おサル】
(1)死ぬまで釣りを止められないほどバス釣りに夢中になっているアングラーのこと (2)KNBメンバー・おサルちゃん
おしゃれ〜な…
チームえんとろぴー所長・るちが発する言葉。しかしながら本人はおしゃれに縁がない。
おちかれ
おやぢCHATで退室する相手に言う言葉。お疲れ。《同義》おつ
おつかれっす
「お疲れさま」の意。KNBメンバー・まうが多用。
おとうさん、すまたってなに?【お父さん、すまたって何?】
KNBメンバー・悦子が旧ハンドルネーム「悦子のすまた」時代に、実の娘から問いかけられた質問。これ以来、ハンドルネームを「悦子」に変更することとなった
おにごころたかし【鬼心たかし】
KNB公式解説員。数々の大会で予想を担当。過去の戦績を重視した予想法を駆使する。国籍、年齢等一切不明の謎の人物だが、前歯の一本は差し歯らしい
おふさいどとらっぷ【オフサイドトラップ】
2003年マスターズより採用されたフライト制ルールでのスタート後の追い越し禁止ルールを悪用し、先行者が後続者に話しかけ、油断をさせつつ自らの速度を落とし、後続者に追い越しペナルティ-500gを喰らわせようとする戦術。
おやぢおふ【おやぢオフ】
KNBの年間行事のひとつ。忘年会。フィールドを離れたメンバーたちが、アルコールにまみれて大騒ぎする狂喜乱舞魑魅魍魎の世界
おやぢちゃっと【おやぢCHAT】
HAGiO DREAMER内にあるチャットルーム。日夜KNBメンバーが集う場所。「おやぢCHAT」と「おやぢCHAT Annex」の2つが併設されている
おんす【oz】
(1)重量の単位。1ozは約28g (2)KNBメンバー・ozのこと。過去「先輩」「28ぐらむ」「メガバカ」と多数のハンドルネームを変更し、他メンバーを混乱に陥れた。'99年KNB-T第2戦の舞台となった立岡池にて、1ozのメタルジグを投入したことが名前の由来
おんなにうまれてよかった【女に生まれて良かった♪】
KNBメンバー・加勢川漁師がおねえからよく言われる言葉。主にベッドの中で言われるらしい 〔誤用例〕「女に踏まれて良かった♪」「そりゃマゾだろ!」

このページの先頭へ