KNB・熊本ネットバサーズ オフィシャルサイト

各競技における違反行為と、それに伴うペナルティは以下の通り。

特に記載が無い限り、オカッパリルールではゲームポイント、ボートルールでは総重量からの減算となる。
(このページをスマートフォンでご覧の場合、表が見づらい場合があります。その際はPC用の表示に切り替えてご覧下さい)

受付・ミーティング時に所持検査を行うアイテム

以下のアイテムについては、競技開始前のミーティング時に所持検査を行う。車中、船上に置いている場合に関わらず、ミーティング時に所持していなければ下記のペナルティとなるため、必ず所持してミーティングに臨むこと。

オカッパリ競技の場合

ゼッケンプレート、メジャー、ゴミ袋、スコアカード

ボート競技の場合

ゼッケンプレート、ライフジャケット(受付時に確認)

競技前に関するペナルティ

ペナルティの種類 ボートルール オカッパリルール
競技終了までゼッケンプレート(左胸)、メンバー識別用バッジ(帽子後方)を装着していない、または正規の位置に装着していない、紛失した場合 -100g -1p
筆記具を持たない場合 なし
※競技中は必要なため事前に申告すること
メジャーを所持していない -1p
ゴミ袋を所持していない(コンビニ袋等で可) -1p
オカッパリ競技で競技開始15分前までにエントリーを完了していなかった場合 -1p
ボート競技で競技開始15分前までにエントリー、ボートセッティングを完了していなかった場合 -100g
最後尾スタート
ライフジャケットを装着していない、または規定を満たしていない場合 失格
ライブウェル、スカリを装備していない場合 失格

競技中に関するペナルティ

ペナルティの種類 ボートルール オカッパリルール
スコアカードを紛失した場合 -1p
それまでの釣果が無効
徒歩以外の不正な移動を行った場合 -3p
フライトルールを無視して、先行する船を追い越すなどの不正な航行をした場合(フライトルール違反) -500g -5p
競技中にライフジャケットを脱いで移動、釣りを行った場合 失格
死魚を投棄した場合 失格 失格
大会ルールに記載されている以外のタックル、ルアーを使用していることが発覚した場合 失格 失格
時間外にキャッチしたブラックバス、禁止エリアでキャッチしたブラックバス 検量対象外 検量対象外
故意に禁止エリアに侵入し、警告に従わなかった場合 失格 失格

競技終了時に関するペナルティ

ペナルティの種類 ボートルール オカッパリルール
ハンドルネーム未記載のままスコアカードを提出した場合 -1p
帰着遅れの場合 -100g -1p
終了後にゴミ拾いを行う場合はこの限りではない
フックが飲まれたブラックバスを持ち込み、自己申告した場合 -50g
フックが飲まれたブラックバスを持ち込み、自己申告をしなかった場合 フックのみのバスは検量対象外
死魚を持ち込んだ場合、死魚と判定された場合 死魚は検量対象外
4尾以上のブラックバスを検量所に持ち込んだ場合 4尾目以降は検量対象外
複数名が乗ったボートでライブウェルを共用している時、双方のマーカーが外れて、誰の釣果か判別が出来なくなった場合 検量対象外

事故に関するペナルティ

ペナルティの種類 ボート/オカッパリ共通

競技者の不注意による落水、滑落(腰以上が水に浸かった場合)、その他重大事故により大会進行を妨げた場合
(自然災害、偶発的事故等については除く)

トーナメントポイントより-5p
重大事故を発生した競技者が、事故を申告しなかった場合、もしくは大会後のヒアリングに応じなかった場合 失格
トーナメントポイント(順位点)より-5p
状況に応じ、退会、資格停止等の追加措置を講じる場合がある

その他のペナルティについて

ペナルティの種類 ボート/オカッパリ共通
上位入賞者、またはビッグフィッシュ賞獲得者が大会終了後、規定の締め切りまでにレポートを提出しなかった場合 トーナメントポイントより-1p
大会ルールに記載している違反行為について、警告後に同様の行為が発覚した場合 トーナメントポイントより-1p 〜失格
ゴミを捨てる、備品を壊すなどのフィールドでの施設、自然の破壊行為 失格
トーナメントポイント(順位点)より-3p
状況に応じ、退会、資格停止等の追加措置を講じる場合がある
KNB入会規約、大会開催/参加規定ルールに触れる、故意による悪質な違反。または軽微な違反ながら警告後も故意に連続して行われた場合
KNBの大会運営、組織運営の支障となる行動を行った時
スコアカードの虚偽の申告

全てのペナルティは、KNBメンバーからの申告、及び運営部による指摘と認証により成立する。 また、その確定した違反行為、及びペナルティに対して選手は、クレーム無く従うこと。

※悪質な失格行為については、大会への出場停止、メンバー資格剥奪等の措置をとることもあります。

このページの先頭へ