KNB・熊本ネットバサーズ オフィシャルサイト

日時:2019年9月1日  
場所:熊本市・緑川[犬淵スロープ]
時間:7:00〜13:10(途中、雷のため1時間10分中断)

大会形式:ボート戦   
参加者数:21名(ボーター14名/ノンボーター7名)

ウェイイン数/率:18名 / 85.7%
リミットメイク数/率:10名 / 47.6% 
総ウェイイン本数:44本
ウェイイン総重量:25,650g
1匹の平均重量:583g

第1位 DEN

2,610g・3本(39.5cm・980g)
緑川ウェイトレコード

〇藩僖織奪ル

持参したタックルは7本。
そのうち、釣れたタックルとルアーのみ紹介。

ロッド:バスタードBTC−651MG
リール:アルデバラン31
ライン:フロロ12ポンド
ルアー:ジャックハンマー3/8+ツインテールリンガー4.7

ロッド:キラーヒートKE−C65LST
リール:アルデバランBFS−XG
ライン:フロロ8ポンド
ルアー:ベローズギル2.8 ジカリグ

ロッド:キラーヒートKE−S63ULST
リール:タトゥーラ2000S−XH
ライン:フロロ3.5ポンド
ルアー:イールクローラー5.5 ネコリグ

大会前の戦略

前日プラでは、巻物で全域チェック。
上流でクランクベイトに1本、中流でチャターベイトで1本キャッチ。
特に、チャターベイトのバイトが深く、フックを外すのが大変なほど飲み込んでいた!

上流では、流れのある場所の中で、反転流が発生しているところでヒット。
中下流では、見えバスがいたエリア、ボイルが発生したエリア、沖のハンプなど、良さそうな場所をいくつか見つけることができた。

大会当日は、フライト順が良ければ最上流の流れの強いところへ、フライト順が悪ければ中下流をやってから上流をやることに。

E日の戦略

フライト順は6番と微妙だったが、とりあえず最上流を目指すことに。
自分より前に2艇いたが、最上流の反転流が発生しているポイントに入ることができた。
ここでは、前日バイトの深かったチャターベイトで2本、フォローのネコリグで1本と、すぐにリミットメイク!

リミットメイク直後、雷のため約1時間の中断。

再開後は、中下流をチェックして回り、ジカリグで1本入れ替え。

上流からボートが降りてきたので、また最上流の反転流に入り、チャターベイトで1本入れ替え。

トータルで9本のキーパーサイズをキャッチ。
サイズに恵まれて、お立ち台に立つことができた。

ご響

今回は、初の緑川での大会だったので、これまでの実績にとらわれずに、素直に釣りを楽しむことができた。
今回の最大の目標であった、クラシックの権利を得ることができたので、大満足でした。
ちなみに帰宅後は、お約束のお寿司が待ってましたw

準備・運営をしてくださった役員の皆さん、どうもありがとうございました。

第2位 ケンティ

2,225g・3本(36.5cm・840g)

〇藩僖織奪ル

Rod:DAIWA MACHINEGUNCAST TYPE-III
Reel:DAIWA SV LIGHT LTD6.3
Line:シーガー フロロマイスター12lb
Lure:クランク、チャターベイト

Rod:mibro NOMAD C68M
Reel:DAIWA SV LIGHT LTD8.1
Line:シーガー フロロマイスター16lb
Lure:ファットイカ

大会前の戦略

今回もノンボーターとしての参加となるので、ボーターのスタイルに合わせて緩急つけていこうと思っていました。

E日の戦略

ボーター抽選の結果、私の旧愛艇を持つzunzunさんとペアを組むことが決定!
更に「操船して」の一言で、急遽ボーターになることに。
まさか旧愛艇で参戦することになろうとは・・・。
戦略も何もなかったが、とりあえず釣りながら組み立てていく。
朝一はバッティングを避け下流側へ。
モーニングバイトを狙い、クランクで流していくものの、反応は無し。
雷による一時中断後、上流へ上がりながら巻物とファットイカのノーシンカーで流していく。
ふとした閃きで、クランクからチャターに変え、岸際フォール〜ボトム付近をリトリーブという方法でまさかの3連発!
パターン見つけた!と思いましたが、その後は続かず。
最後の勝負で下流の島周りをチャターで流し、1本入れ替えに成功した所で時間を迎えた。

ご響

久々に鬼畜モード発動してしまったようです・・・。
zunzunさんにはお許しを頂きながらも、好き勝手に釣りをさせてもらいました。
大変お世話になりました。
チャターでの3連発は、タイミングが良かった事もあると思いますが、
その場の雰囲気を感じ取って閃いた結果だと思います。
バス釣りの楽しさを感じた大会でした。

第3位 りょうま

2,055g・3本(41.0cm・1,105g)※ビッグフィッシュ賞

 

〇藩僖織奪ル

タックル
ロッド:DLK-C67MHRST3S
リール:スティーズSV TW
ライン:フロロ12lb
ルアー:クランク

タックル
ロッド:DLT-C611M/HRST1S
リール:スティーズ A TW
ライン:フロロ14lb
ルアー:スピナーベイト、チャター

大会前の戦略

メンバーのSNSなどの事前情報ではあまり釣れていない様子。
大雨による濁りも酷いようなので、目立つカラー、強い波動のルアーをいくつかピックアップしておいた。

E日の戦略

予想以上に濁りがあった為、大きめのコロラドブレードがついたアパッチをゆっくり目に投げると1本目が釣れました。
一時中断後は、ブレードクランクやチャターを投げ倒し合計6本で終了〜。

ご響

この度の緑川での大会開催にあたり、代表のご尽力に感謝です。

第4位 かず

1,930g・3本(38.0cm・785g)

 

〇藩僖織奪ル

タックル(1)
ロッド:メガバスF1-X4S
リール:ダイワ
ライン:フロロ6
ルアー:ジャッカルソウルシャッド
58SP
タックル(2)
ロッド: ポイズンアドレナ268UL
リール: ダイワ
ライン: PE0.6
ルアー: 野良ネズミ

タックル(3)
ロッド:デストロイヤー エボルジオン F4−65XDti
リール:シマノ16アンタレスDC
ライン:フロロ14
ルアーレイドジャパン レベルクランク

大会前の戦略

大会前一週間雨だったのでカフェオレみたいな水の色を想像してました!
とりあえず初場所なので巻いて行こうと思っていました!

E日の戦略

朝一、フライトが遅かったのでスロープ付近から野良ネズミ、ネコリグでアシを打つていきましたが反応無しで上流橋手前でクランクでバラしました!
それからクランクでスロープ対岸の岩場などを流して行きスロープ付近で1尾釣れました!
それからもクランクを巻いていましたが根掛かり多発でシャッドに切り替えスロープ対岸で1尾追加出来ました!
最後はスロープから上流橋の真ん中のアシ付近で野良ネズミで出てくれて3匹揃えられました!

ご響

前日から濁りを想定していたので当日そこまで濁りが無かったのでびっくりしました!
初場所でリミットを揃えられたのは嬉しかったがもう少し早めにリミットを揃えて入れ替えが出来れば良かった(>_<)  
雨の中皆さんお疲れ様でした!

第5位 AGC

1,890g・3本(36.0cm・780g)

〇藩僖織奪ル

ロッド;ふぁいなるでぃめんしょん てーでー?
リール;アブのやっすいの
ライン;フロロ12lb
ルアー;mibro デスサイズ3.5 フリーリグ

大会前の戦略

プラガチ勢の情報によると釣れてないらしい。
そんな中俺に釣れる魚はいないだろうとなめてました。
引き出しとしては過去の緑川から巻くか打つかしかない為ベイトのみ6本体制。

E日の戦略

朝一バックシートアキマのお陰で2番スタート。
上流を目指し巻き巻きしてましたが雷雨中断。
中断中ケンティとポケGOのPVPで連勝し再開。
再び上流へ。
今度は打とうかとデスサイズのフリーリグに変えるとバイト頻発。
オチパクで1本目300g位のチビ。
弾き続きそのストレッチで2,3本目。アキマと話しながらテトラやなと気づき
両岸のテトラ帯をぐるぐる。2回入替し終了。

ご響

釣れないって聞いてたので釣れて楽しかったです。
2kg弱とりまさんに話したら鼻で笑われて「2kg行ったら大したもんですよ。アン。」と
長州力みたいなこと言われてこりゃ有るかもというよこしまな思いが頭をよぎりましたが、
ハイウエイト戦でここに至る。
次回もプラには行けそうもないけどTまずまずの位置なんで頑張りたいと思ひます。

このページの先頭へ