KNB・熊本ネットバサーズ オフィシャルサイト

日時:2019年6月2日  
場所:松橋町・萩尾大溜池  
時間:6:00〜11:00

大会形式:ボート戦   
参加者数:15名(ボーター9名/ノンボーター6名)

ウェイイン数/率:10名 / 66.7%                      
リミットメイク数/率:1名 / 6.7%                      
総ウェイイン本数:19本                      
ウェイイン総重量:7,070g                      
1匹の平均重量:372g

 

第1位 りまるおん

1,225g・2本(45.0cm・1020g)※ビッグフィッシュ賞

〇藩僖織奪ル

ロッド:mibroノマドC-68ML
リール;Abu Revo LTX-BF8
ライン:サンラインFCスナイパーBMS AZAYAKA 10lb
ルアー:自作フットボールラバージグ「りまらば」1/4oz + mibroデスサイズ3.5inch(オキチョビクロー)

その他いつも通りの全8本搭載

大会前の戦略

プラに入れたのは前日のみ。
朝の一投目でいきなりクランク(Rev ZERO)にヒット。今まではハード系の横の動きへの反応がイマイチだったが、これをヒントにして深いラインをクランクでボトムノックさせるとヒット。
一緒に来ていたたけちゅ〜♂おじさんと答え合わせをすると、共通してるのは3〜4mラインでのヒットが多いこと。
しかも全域チェックしたがクランクが熱いのは駐車場前〜本湖南岸までのエリアのみ。

減水してほぼ本湖のみの競技エリアしかない状態では、クランクのような強い釣りはすぐにバレて船団化してしまう。
よって、みんなに知れ渡った後、クランクで釣れなくなった後の釣りをと考え、ボトムノックの土煙を再現するラバージグのズル引き、ダークスリーパー、ブルフラットの直リグなどを色々試した。
やりきれば500g台×3本=1500gまでは計算できるかな?といったところ。

プラから帰宅してからは、当日の魚のいるエリアが変わることを考えてクランクボックスをひっくり返し、シャロークランクはもちろん、B7Deepはノーマルと板オモリチューンを用意し、 SHOT Over5までを準備して大会に臨んだ。

E日の戦略

フライト順はブービーの8番目。
予想通りほとんどの船が対岸の送電線下や北ワンドに向かう船が多い中、お目当て通りの本湖南岸に入れた。
しかし、前日は熱かったこのエリアが沈黙。
駐車場前のたけちゅ〜おじさんは釣れてる様子。

場所を変え品を変え、ノンキーは釣れるが、キーパーが入らない。
そうこうしているうちに、たけちゅ〜の釣果につられて予想通り駐車場前は船団ができて入るスペースが無くなる。

ほとんどの場所は誰かがチェックをした状況の中、まだ誰もやっていないハードボトムのシチュエーションを探していると、普段はオカッパリが入っている南ワンド岬がガラ空き。
雨だし、ローライトだし、シャローに差して来てるんでは?っていうか、今目の前でボイルおきたし。
ということでハードボトムなシャロー攻め。水深2.2mまでゆるやかに落ちるバンクをフットボールでトレースし、底まで落ちて泥を感じたら回収する釣りで、岬の先端で1本目の26cmをキャッチ。その10分後、今回のキッカーとなる45cmのガリ子ちゃん(1020g)をキャッチ。

結局この2本どまり。上位は確信したが、リミットが揃えられなかったこともあり最後までドキドキだった。

ご響

2戦連続優勝、そして2戦連続ビッグフィッシュ賞。
おそらく20周年のKNBの中で史上初の快挙のようです。

とはいえ、今回はイメージ通りに釣れなくてかなり慌てた。
昔だったら一ヶ所に固執して自滅するパターンが多かったが、釣れない場合は自分が掴んでいるシチュエーションの場所をセレクトしてその場所を回れていることがここ数年のいい結果に現れている気がする。

とはいえ、今回のキッカーが釣れたポイントは消去法の一番最後の選択肢。しかも普段だったらオカッパリがいて打てないし、打たない場所。

ホント、ラッキーでした。

2戦終わっての暫定1位は去年と同じ。
また最終戦にホゲって王座転落ってことにならないよう、次戦はホゲりませんよーにっ

第2位 いのけん

1,100g・3本(33.5cm・525g)

〇藩僖織奪ル

ブラックレーベル69ULFS(ティップカットチューン)
13セルテート2004CH
R18 3lb
DSオフセット スイングインパクト3inch, 2inch

グラファイトリーダーボスコ60L
10ステラC2000HGS
G-soul X8 UPGRADE 0.6号
リーダーR18 8lb
グリマー6

大会前の戦略

試合開始の6時間前に魚雷つけ麺大盛300gに野菜を乗せて学割から揚げをトッピングしてもらいました。

E日の戦略

よしもさんのバックシートでフライト6番スタートしました。送電線下の取水口で1投目のDSのフォールで釣れてました。永遠に着底しないなと思っていたら釣れてました。

その後、ナブラを求めて船を走らせてボイルシューティングのグリマーでぎりぎりキーパーを一本、何度か岬に入りDSでリミットそろいました。まぐれ感が強い釣りだったので参考にならずすみません。

ご響

大会お疲れさまでした。よしもさんのところの遊漁船とは相性がいいので今後ともよろしくお願いします。

大会前に激辛つけ麺を食べるのはリスクが高いのでカレーつけ麺、梅つけ麺にしておきましょう。

第3位 たけちゅ〜♂

1,030g・2本(34.5cm・650g)

〇藩僖織奪ル

SHIMANO ZODIAS 166ML-G
DAIWA ALPHAS SV 105
SUNLINE BASIC FC 12lb
JACKCALL MASCLE DEEP 3.8+

大会前の戦略

前日プラでヤケクソディープクランクに連続ヒットした為、コレ一択の作戦
(他には思いつかないw)

E日の戦略

早いフライトで駐車場前を陣取ると怪しまれるから(w)遅いフライトが良かったのだが、なんと3番。
それでも各船両ワンド方向へ散っていった為、駐車場前を独占できた。
しかし直ぐには反応は無く2本目を釣る頃には他の船も集まり始めた。
その後今日イチの手応えの3本目を掛けるも水面でバラしてしまった。
時間ギリギリまで巻き倒したが追加できず終了となった。

ご響

2本でのウェイインでしたが3位になる事が出来ました。
同船者のケンティには私の作戦に付き合って頂きまして(もっとやりたい事も有ったでしょうが)ありがとうございました!
あーあのバラしが・・・逃した魚は大きいw

大会開催のために頑張った皆さんお疲れ様でした。特に今回はマコっちゃん大変でしたね!ありがとうございました!

佳倉の親子丼グッジョブ!

第4位 DEN

620g・2本(32.5cm・650g)

〇藩僖織奪ル

いろいろ使ったけど、キーパーが釣れたもののみ。

ロッド:キラーヒート エクスカージョン 63SULST
リール:ダイワ タトゥーラ2000
ライン:FCスナイパー3LB
ルアー:レイドジャパン バトルホッグ2.6 ダウンショット

大会前の戦略

前回と水位もほとんど変わらず、天候も比較的安定していたので、前回同様、ディープをメインにキーパーを拾っていく予定だった。

ただし、当日の天候が曇り時々雨と、巻物日和だったため、朝の1時間は巻いてみることに。

E日の戦略

当初の予定通り、朝は巻きの釣りでスタート。
南ワンドを中心に巻いてみたものの、まったく反応なし。
1時間は巻く予定が、30分で終了w

バックシートのはるきさんが、ノンキーパーながらも連続キャッチで、後ろからあおられて焦るw
自分もスピニングを握って、キーパーを揃えにかかるも、釣れるのはノンキーパーばかり。

前回、メインエリアにしていた駐車場前のブレイクも、反応が悪く、打つ手なし。
でも、ダウンヒルからアップヒルに釣り方を変えた途端、反応が出始め、何とか2本キーパーをキャッチ。

場所を変えて、アップヒルでルアーを通していくと、反応が良く、魚は釣れるようになったが、サイズが上がらず・・・
終了直前に、25cmギリギリありそうな魚が釣れたが、微妙だったためリリース。
でも、ノンキーだったとしてもペナルティがないこと(検量対象外になるだけ)を後で知り、持ち込んでみればよかったと反省・・・

とはいえ、みんなも釣れておらず、連続入賞することができました。

ご響

3本そろえることができなかったことが、唯一の心残り。
でも、楽しく釣りができました!

バックシートのはるきさんにも、キーパーを釣ってもらおうと頑張ってみたのですが、数は自分の倍以上釣れたのに、キーパーが混じらなかったのは残念でした・・・

次戦も頑張って、何とかクラシックの権利を撮りたいと思います。

第5位 ケンティ

590g・2本(29.5cm・390g)

〇藩僖織奪ル

Rod:DAIWA MACHINEGUNCAST TYPE-III
Reel:DAIWA SV LIGHT LTD6.3
Line:シーガー フロロマイスター12lb  
Lure:KTW B7ディープ、mibro バレットヘッドDD

Rod:DAIWA AIR EDGE 621ULS-ST  
Reel:DAIWA THEORY2004  
Line:SUNLINE FCスナイパー 3lb
Lure:i Waver74 sss

大会前の戦略

ノンボーターとしての参戦なので、ボーターの方の釣りのリズムを崩さないよう、いろんな釣りに対応できるカメレオンスタイルで挑もうと思ってました。

E日の戦略

マスターズ第1戦では、たけちゅ〜さんとペアを組ませていただきましたが、  第2戦もまさかのたけちゅ〜船長w  
前日プラでディープクランクが好調だったようで、1日巻き倒し宣言するたけちゅ〜船長!  
深く潜るクランクで手元にあったのは、B7ディープとバレットヘッドDD。  
水深に合わせてルアーローテさせながら巻き巻き。前日プラのような好反応はないものの、貴重なバイトを何とかものにして、キーパーゲット!  
この日は、ボトムから水面直下まで、様々なパターンが存在していたようで、水面直下を狙ったiWaverでもキーパーキャッチ!
iWaverでは、この日最大サイズを掛けたものの、無念のラインブレイク・・・。  
バスに申し訳ないことをしました。
結局、リミットメイクとはならず2本で終了を迎えました。

ご響

たけちゅ〜船長も、この日最大サイズをバラしてしまい、揃ってリミットメイクを逃してしまいましたが、共に入賞することができました。  
これもたけちゅ〜船長のプラのおかげですwありがとうございます!
2戦続けてたけちゅ〜船長には大変お世話になりました。  
第3戦もペア組めたらよろしくお願いします(笑)

このページの先頭へ