KNB・熊本ネットバサーズ オフィシャルサイト

第2戦までの概況

萩尾での2連戦が終了したマスターズ。

萩尾でだけは好結果を残す「必死プラおじさん」りまるおんが2戦連続優勝とビッグフィッシュ賞を獲得し、後続を大きく引き離しての暫定首位。

初のシリーズチャンピオンも確定という声も聞かれるが、昨年も最終戦を残した段階で2戦連続2位で暫定首位なのに最終戦でホゲて順位を落とした。

萩尾以外ではただのおっさんレベルの実力なだけに、大番狂わせの可能性もある。

 

2位は「萩尾の住人」DEN。

2戦ともお立ち台に入る堅実ぶり。 熊本に住む息子の家を拠点としたプラクティスが実を結んでいるようだ。

入賞したら寿司が食べられるというDEN家ルールが設定されているため、家族もこの結果には大喜びだ。

 

3位はKNBファミリー軍団の一角・たけちゅ〜♂。こちらも2戦連続入賞で堂々の順位を確保している。

ここまでの3人に共通するのはTシリーズでは大不振&出場していないおっさんだということ。

マスターズは歩くのにも疲れるおっさんのための大会なのかもしれない。

 

4位はShowta、5位いのけんとノンボーター勢が食い込んでいる。

 

現時点でのクラシック獲得権利枠は4位まで。2位以下は大混戦、もしくは萩尾以外では輝かないりまるおんがひっくり返るドラマが起こるのか、最終戦の行方に期待したい。

 

なお最終戦では、りまるおんによるシリーズ全大会優勝という「パーフェクト」にリーチがかかったが、その一方で、よしも、マコトの二人には全戦参加全戦ノーフィッシュの「逆パーフェクト」のリーチがかかっている。

順位

第1戦ビッグフィッシュ賞 りまるおん

第2戦ビッグフィッシュ賞 りまるおん

第3戦ビッグフィッシュ賞 −

順位 ゼッケン ハンドル名 順位点 1位との差  2018KNBマスターズシリーズ
第1戦 萩尾大溜池 第2戦 萩尾大溜池 第3戦 未定 重量計 ペナ
順位 順位点 順位 順位点 順位 順位点
1位 4 りまるおん 36p 0p 1位 18p 1位 18p     3,370g  
2位 15 DEN 25p 11p 3位 13p 4位 12p     1,820g  
3位 8 たけちゅ〜♂ 24p 12p 5位 11p 3位 13p     1,700g  
4位 7 Showta 22p 14p 2位 14p 8位 8p     2,135g  
5位 13 いのけん 20p 16p 10位 6p 2位 14p     1,300g  
6位 2 りょうま 18p 18p 4位 12p 10位 6p     1,415g  
7位 25 ケンティ 18p 18p 9位 7p 5位 11p     800g  
8位 1 SHINGO 10p 26p 7位 9p NF 1p     535g  
9位 6 hiRo_くず 10p 26p 6位 10p         550g  
10位 20 荘々 10p 26p     6位 10p     570g  
11位 26 馬場利夫 9p 27p     7位 9p     535g  
12位 103 はるき 9p 27p 8位 8p NF 1p     230g  
13位 11 とっしー 8p 28p NF 1p 9位 7p     455g  
14位 3 やじ 5p 31p 11位 4p NF 1p     195g  
15位 107 CONNI-ZA 4p 32p 12位 4p         175g  
16位 5 よしも 2p 34p NF 1p NF 1p        
17位 10 マコト 2p 34p NF 1p NF 1p        
18位 9 AGC 1p 35p NF 1p            
19位 21 かず 1p 35p NF 1p            
20位 112 ひーくん 1p 35p NF 1p          

このページの先頭へ