KNB・熊本ネットバサーズ オフィシャルサイト

概況(7月21日時点)

いよいよ後半戦に突入した20周年のレギュラーシーズン。

マスターズ、KNB-Tそれぞれ残すところ1戦ずつとなったが、今年は両シリーズとも上位陣が固定しておらず、各戦で順位が激しく入れ替わる構図となっている。

KNBトーナメント第3戦の結果を受けて、上位陣のポイント差はさらに肉薄してきた。

 

暫定首位に躍り出たのは、いのけん。

KNB-T、マスターズとも暫定5位につけ、総合ランキングでついに首位。

来年は就職のため、最後のKNBのシーズンとなるが、このまま突っ走れるかどうかは魚雷の激辛つけ麺を食した後の肛門の状況次第である。

 

2位はりまるおん。

マスターズではまさに無双状態ともいえる「満点」での首位だが、KNB-Tでは超低空飛行の22位。

ボートとオカッパリでのムラの激しさがあるが、20周年での初の総合優勝には2p差と説得力十分の強さに見えるが、「ライクアローリングストーン」と呼ばれるほど後半戦は転がる石のように順位を落としていくので、これはいつも通りの「終わりのはじまり」なのかもしれない。

 

3位は3ランクアップのりょうま。

KNB-T第3戦で2位に入り入賞圏内に突入。

そして首位とも3p差と肉薄。

伝説の「ペアマッチポロリ事件」で逃した悲願の総合優勝に近づいて来た。

 

4位は鬼畜ケンティ。

KNB-T第3戦では5位入賞ながら順位をひとつ落としたが、首位とのポイント差は4p。

6年ぶりの戴冠に向けて、ブラジル仕込みのアマゾンテクニックが炸裂するか。

 

5位は巨乳SHINGO。

いまだお立ち台に上がったことがないが、各戦で奮闘している印象。

首位まで7p差と逆転優勝の可能性は十分にある。

 

AOY争いはこの5名に絞られた感。

しかし今年の波乱の度合いを考えれば、6位よしも、7位はるき、8位CONNI-ZAも圏内か。

 

暫定順位(7月21日時点)

順位
ゼッケン
ハンドル名
順位点
1位との差
2019KNBレギュラーシーズン
備考
KNBトーナメントシリーズ KNBマスターズシリーズ
シーズン
ペナ
第1戦 第2戦 第3戦 第4戦
ペナ
合計
第1戦 第2戦 第3戦
ペナ
合計
順位 順位 順位 順位 順位 順位 順位
1位 13 いのけん 44p 0p NF
1p
2位
14p
7位
9p
5位
24p
10位
6p
2位
14p
5位
20p
2位 4 りまるおん 42p 2p NF
1p
21位
2p
16位
3p
22位
6p
1位
18p
1位
18p
1位
36p
3位 2 りょうま 41p 3p NF
1p
8位
8p
2位
14p
6位
23p
4位
12p
10位
6p
6位
18p
4位 25 ケンティ 40p 4p 7位
9p
19位
2p
5位
11p
7位
22p
9位
7p
5位
11p
7位
18p
5位 1 SHINGO 37p 7p 9位
7p
6位
10p
6位
10p
2位
27p
7位
9p
NF
1p
8位
10p
6位 5 よしも 33p 11p 3位
13p
1位
18p
1位
31p
NF
1p
NF
1p
16位
2p
7位 103 はるき 31p 13p NF
1p
3位
13p
8位
8p
8位
22p
8位
8p
NF
1p
12位
9p
8位 107 CONNI-ZA 31p 13p 4位
12p
4位
12p
15位
3p
3位
27p
12位
4p
15位
4p
9位 8 たけちゅ〜♂ 28p 16p NF
1p
17位
2p
NF
1p
25位
4p
5位
11p
3位
13p
3位
24p
10位 9 AGC 26p 18p NF
1p
1位
18p
10位
6p
4位
25p
NF
1p
18位
1p
11位 15 DEN 25p 19p 3位
13p
4位
12p
2位
25p
12位 6 hiRo_くず 23p 21p NF
1p
5位
11p
NF
1p
14位
13p
6位
10p
9位
10p
13位 7 Showta 23p 21p NF
1p
30位
1p
2位
14p
8位
8p
4位
22p
14位 106 小倉パン株式会社 22p 22p 1位
15p
10位
6p
NF
1p
9位
22p
15位 10 マコト 21p 23p 5位
11p
9位
7p
NF
1p
11位
19p
NF
1p
NF
1p
17位
2p
16位 18 きっしょう 21p 23p 2位
14p
11位
4p
14位
3p
10位
21p
17位 24 ごくよん 18p 26p 10位
6p
4位
12p
12位
18p
18位 101 水屋 16p 28p 6位
13p
18位
2p
NF
1p
13位
16p
19位 11 とっしー 15p 29p 12位
4p
11位
4p
18位
8p
NF
1p
9位
7p
13位
8p
-1p 2018クラシックレポ未提出
20位 109 ヨシ 13p 31p 7位
9p
12位
4p
15位
13p
21位 115 ズンドコ 13p 31p 3位
13p
16位
13p
22位 3 やじ 12p 32p NF
1p
22位
2p
13位
4p
21位
7p
11位
4p
NF
1p
14位
5p
23位 26 馬場利夫 12p 32p 15位
3p
28位
3p
7位
9p
11位
9p
24位 108 しろくろ 11p 33p 13位
4p
9位
7p
17位
11p
25位 20 荘々 10p 34p 6位
10p
10位
10p
26位 19 RYUSEI 8p 36p 8位
8p
19位
8p
27位 104 たか 8p 36p 11位
4p
16位
3p
NF
1p
20位
8p
28位 12 kamo-win 5p 39p 13位
4p
20位
2p
23位
6p
-1p 2018クラシックレポ未提出
29位 14 zunzun 5p 39p NF
1p
14位
3p
NF
1p
24位
5p
30位 102 とわ 4p 40p NF
1p
NF
1p
17位
2p
26位
4p
31位 105 ナントのカズ 4p 40p 12位
4p
27位
4p
32位 111 SEKAINOOSU 2p 42p 23位
2p
29位
2p
33位 17 加勢川漁師 1p 43p NF
1p
31位
1p
34位 21 かず 1p 43p NF
1p
19位
1p
35位 110 ショーのすけ 1p 43p NF
1p
32位
1p
36位 112 ひーくん 1p 43p NF
1p
20位
1p
37位 113 みっきーあいる 1p 43p NF
1p
33位
1p
38位 114 aot 1p 43p NF
1p
34位
1p

概況(6月2日時点)

計4戦を消化して折り返した今年のレギュラーシーズン。

例年、1位の順位点基準は1戦平均12〜14pで推移する。すなわち4戦消化時点では暫定1位の獲得ポイントは48〜56pだが、現時点での暫定1位は39p。1戦平均ポイントは9.75p。全戦でお立ち台に立った選手はゼロ、毎戦で上位陣が入れ替わる今年の激戦ぶりを象徴している。

 

暫定1位はりまるおん。

Tシリーズは暫定24位と大不振(平常運転とも言う)だが、マスターズ2戦連続優勝そして連続ビッグフィッシュ賞で36pを獲得して一気に急浮上。

 

2位はいのけん。

KNB-T第2戦に引き続き、マスターズ第2戦でも2位を確保して6位から大きくジャンプアップ。

大会前の激辛つけ麺は競技の支障となり、勝利も、そしてう○こも漏らしそうになることを学んだ若きアングラーの今後に期待だ。

 

3位はブラジリアン・ケンティ

混迷の上位5名の中で唯一ノーフィッシュ、または不参加が無く全戦でウェイインしているのは彼のみ。

 

マスターズ第2戦で欠席だったCONNI-ZA、そしてノーフィッシュでブレーキとなったSHINGOが4、5位へと後退した。

 

1位から20p差までの選手が14名という大混戦模様。残り3戦、AOYの行方はまだ不透明だ。

 

新人賞争いは4位のCONNI-ZA、それを9位のはるきが5p差で追う。

 

暫定順位(6月2日時点)

順位
ゼッケン
ハンドル名
順位点
1位との差
2019KNBレギュラーシーズン
備考
KNBトーナメントシリーズ KNBマスターズシリーズ
シーズン
ペナ
第1戦 第2戦 第3戦 第4戦
ペナ
合計
第1戦 第2戦 第3戦
ペナ
合計
順位 順位 順位 順位 順位 順位 順位
1位 4 りまるおん 39p 0p NF
1p
21位
2p
24位
3p
1位
18p
1位
18p
1位
36p
2位 13 いのけん 35p 4p NF
1p
2位
14p
7位
15p
10位
6p
2位
14p
5位
20p
3位 25 ケンティ 29p 10p 7位
9p
19位
2p
12位
11p
9位
7p
5位
11p
7位
18p
4位 107 CONNI-ZA 28p 11p 4位
12p
4位
12p
1位
24p
12位
4p
15位
4p
5位 1 SHINGO 27p 12p 9位
7p
6位
10p
6位
17p
7位
9p
NF
1p
8位
10p
6位 2 りょうま 27p 12p NF
1p
8位
8p
13位
9p
4位
12p
10位
6p
6位
18p
7位 8 たけちゅ〜♂ 27p 12p NF
1p
17位
2p
25位
3p
5位
11p
3位
13p
3位
24p
8位 15 DEN 25p 14p 3位
13p
4位
12p
2位
25p
9位 103 はるき 23p 16p NF
1p
3位
13p
9位
14p
8位
8p
NF
1p
12位
9p
10位 6 hiRo_くず 22p 17p NF
1p
5位
11p
11位
12p
6位
10p
9位
10p
11位 7 Showta 22p 17p 2位
14p
8位
8p
4位
22p
12位 106 小倉パン株式会社 21p 18p 1位
15p
10位
6p
2位
21p
13位 9 AGC 20p 19p NF
1p
1位
18p
3位
19p
NF
1p
18位
1p
14位 10 マコト 20p 19p 5位
11p
9位
7p
4位
18p
NF
1p
NF
1p
17位
2p
15位 18 きっしょう 18p 21p 2位
14p
11位
4p
5位
18p
16位 5 よしも 15p 24p 3位
13p
10位
13p
NF
1p
NF
1p
16位
2p
17位 101 水屋 15p 24p 6位
13p
18位
2p
8位
15p
18位 26 馬場利夫 12p 27p 15位
3p
26位
3p
7位
9p
11位
9p
19位 11 とっしー 11p 28p 12位
4p
19位
4p
NF
1p
9位
7p
13位
8p
-1p 2018クラシックレポ未提出
20位 20 荘々 10p 29p 6位
10p
10位
10p
21位 109 ヨシ 9p 30p 7位
9p
14位
9p
22位 3 やじ 8p 31p NF
1p
22位
2p
23位
3p
11位
4p
NF
1p
14位
5p
23位 19 RYUSEI 8p 31p 8位
8p
15位
8p
24位 104 たか 7p 32p 11位
4p
16位
3p
16位
7p
25位 24 ごくよん 6p 33p 10位
6p
18位
6p
26位 12 kamo-win 5p 34p 13位
4p
20位
2p
17位
6p
-1p 2018クラシックレポ未提出
27位 14 zunzun 4p 35p NF
1p
14位
3p
20位
4p
28位 105 ナントのカズ 4p 35p 12位
4p
21位
4p
29位 108 しろくろ 4p 35p 13位
4p
22位
4p
30位 102 とわ 2p 37p NF
1p
NF
1p
27位
2p
31位 111 SEKAINOOSU 2p 37p 23位
2p
28位
2p
32位 17 加勢川漁師 1p 38p NF
1p
29位
1p
33位 21 かず 1p 38p NF
1p
19位
1p
34位 110 ショーのすけ 1p 38p NF
1p
30位
1p
35位 112 ひーくん 1p 38p NF
1p
20位
1p

概況(5月12日時点)

ニューフェイスの多数参加により活況の20周年のレギュラーシーズン。

ここまでオカッパリ2戦、ボート1戦が終了したが、そんな新人らの台頭、そして毎大会入れ替わる上位陣という激しいポイント争いで、KNB年間総合ランキングは大混戦の様相を呈している。

 

暫定1位はCONNI-ZA。

Tシリーズ2戦で連続4位となりスタートダッシュに成功した一人だが、マスターズ初戦で低迷。

上位陣が毎大会で入れ替わる中、なんとか1位を死守している。

 

2位は昨年のAOY・SHINGO。

ここまで表彰台はゼロながら全戦で独立ポイント(6p以上)を獲得できる10位内を確保してCONI-ZAに2p差に迫る2位。

代表として20周年の総合優勝、そして6度目の戴冠を狙う絶好のポジションと体重だ。

 

3位は昨年のマスターズ逆パーフェクトhiRo_くず。

開幕戦こそノーフィッシュだったが、その後5位、6位と巻き返した。平成最後のマスターズシリーズはポイントがなかったが、令和ではどうにかポイントを獲得している。

 

注目の新人賞争いは1位のCONNI-ZA、それを4位のはるきが6p差で追う。オカッパリのみの参戦ながらT第1戦ウィナーの小倉パン、水屋と続く。

 

このページの先頭へ