KNB・熊本ネットバサーズ オフィシャルサイト

日時:2018年6月3日
場所:宇城市・萩尾大溜池
時間:6:00〜11:00

大会形式:ボート
参加者数/組:12人 / 6組
ウェイイン数/率:6組 / 100%
リミットメイク数/率:6組 / 100%
総ウェイイン本数:18本
ウェイイン総重量:10,380g
1匹の平均重量:577g

第1位 hiRo_くず&AGC

2,475g・3本(1585g / 48.5cm=hiRo_くず)

hiRo_くず

〇藩僖織奪ル

ロッド:NOMAD S-63L
リール:shimano RARENIUM 2500S
ライン:SUNLINE NewFCSniperBMS 4.5lb
ルアー:GaryYamamoto イモ50(ノーシンカー)

大会前の戦略

特に苦手なアフター期、前回の萩尾戦はノーフィッシュ。
なので今回は前日から準備開始。
朝からゴミ拾いに行き、帰ってから家とボートの清掃。
その後替え忘れてた車のオイル交換をして準備完了。

今回も何も考えてませんw

E日の戦略

ペア戦で異常に高い齊藤率。
今回もAGCがペアを引き当て。
過去7戦?で5回目、脅威の齋藤率71.4%。

フライト4番手となったが、北に向かったのはたけちゅ〜リマ艇のみ。
それも奥の立木方面に向かったので、奇跡的に狙っていた北ワンド岬横の崩落跡にあるブッシュカバーを確保。
投入したのはよしも神の教えに従い前日購入したイモグラブ。
ただ、よしもの使う40サイズは自分には使い辛そうだったのでウェイトのある50サイズを使用。

開始2〜3投目でフォールするラインが止まりバイト。
一気に引っ張りだすが、途中で止まり巻かれたか?と思ったら、ただデカイだけ(汗
水面に見えた魚体に大慌てし、ネットinできたのはいきなりの48.5cm1585g。
程なくして500gを追加、更にもう1本掛けるも途中で惜しくも枝化け。
その間にAGCも釣ってリミットメイク、385gを釣り入れ替え。

そこからもコンスタントにAGCが釣っていくも入れ替えはならず。
陽が昇り北ワンドを出てからはほぼ反応も無くなり終了。

ご響

前回ノーフィッシュだっただけに、朝一のビッグフィッシュで超気楽に過ごせましたw
釣果を呼んでくるAGCまじ天使。
おかげ様でKNB歴18年で初のシリーズ制覇できました。
(第1戦はよしものおかげだけどね)

大会参加された皆様、大変お疲れさまでした。

AGC

〇藩僖織奪ル

ロッド:メガバスF2st-65RS
リール:シマノメタニウム2000番
ライン:フロロ4lb
ルアー:ゲーリーイモグラブ30

大会前の戦略

前日横綱と短時間プラ
そんなに簡単では無いけどオーバーハングの下に浮いている印象
シンゴ代表とお互いボート持ってきてしもた
テヘペロ

E日の戦略

バックシートなのでボーター次第ではあるが北行きたいわぁ的な。
相棒の右京さんは斉藤率ぶっちぎり1位のhiro_くずさん。フライトは4番。
自分らの前に北へ向かったのはたけちゅ〜、りまるおん艇。動向探ったら北の左岸ブッシュへ行くとの事。
くずさんとサッと右岸ゴージャスカヴァーへ。
開始数投で船長にバッグバイト!
この日のビックフィッシュを私の網捌きによりネットイン!良い仕事出来たでかぁちゃん。
続け様にくずさんが500gくらいの追加。
ふむ、今日もangelのAを発動してしまったようだな。←お前は?
あ、私は超えられない壁の下地3本目を入れ替えたり入れ替えたりできなかったり。
日が昇ったらパッタリで終了。

ご響

働いて無いようだけどしっかり下地の底上げやったんだからね!
あたいが釣って無かったらリミット揃わなかったんだからね!
何よりAGCエンジェル説を唱え続けて来たが今回でやっと皆さんに周知できたようで満足やで。
ペア戦2戦連続優勝という快挙と共にシリーズ制覇かと思ってたらくずさんにビックフィシュP差で2位というオチ付き。
後は下り坂を転がるかの様な私を見ておいてね。
りまさん&くずさんspecial thanks

 

第2位 りょうま & kamo-win

2,375g・3本(1375g / 44cm=りょうま)

りょうま

〇藩僖織奪ル

タックル(1)
ロッド:Dynamis SUPER COMPETITION DSCS-510UL-AS
リール:ルビアス2506
ライン:フロロ3
ルアー:レッグワーム

タックル(2)
ロッド: デジーノレーベンDLK67MHST3S
リール: スティーズSVTW
ライン: フロロ10
ルアー: スタッガーワイド

大会前の戦略

一週間前の午後だけプラをしました。わかったことはマスターズの時よりもカバーは釣れるがサイズは上がらない。カバーはノンキー多めなので少しバルキーなスモラバ、ワームをカバー撃ちで30cm台が釣れる。大き目はちょっと深め!

E日の戦略

ペアは元祖ジョーカーのkamo-winさんwww
フライトは確か5番目?でした。去年のポロり事件の悪夢が思い出されるが今年はポロりしない&させないことを目標にしました!
北ワンド入口の岬から始めようとすると、近くで釣りしてたhiRo_くず&AGCペアの「おっきい?」「これやべぇ?」「ウヒョヒョ?」「50アップ?」とおっさんずらぶを目撃し戦意喪失。
釣りを始めるとすぐに44cmが釣れるも目の前で50近い魚を見せられたので喜べず、、、。その後、ペアのkamo-winさんにも750gが釣れ、残り一匹を釣るも300g以下が釣れ続けて終了!

ご響

個人的にはバラシの多い一日でした。
それとやはり朝一が釣れることがわかった(プラはいつも午後からw)

kamo-win

〇藩僖織奪ル

⑴ロッド CORZZA CZC-69MH
 リール TATULA  103SH 7.3L 10ポンド
 ルアー いろいろ
⑵ロッド LUXXE kamah 443S
 リール 古い Twin Pouwer1000 5ポンド
 ルアー レンズスワン、レッグワームなど

大会前の戦略

ボート戦では「よしもさん」の船に乗ることが多いので、イモをとうとう買った!
後はジョーカーにならない事を祈る...

E日の戦略

りょうまさんの船に乗ることになり、イモは秒殺で封印...
扶養に徹して、あわよくば1本釣れればいいのか?
北ワンド付近で、ワームをセットしていると、隣の船から歓喜の声...
その後、りょうまさんへ期待の1本! レッグワームと聞き、自分のワームを即座に交換。
立木の反対側に投入すると、何やらモゾ..
期待の1本、750g弱をキャッチ!
あとは数本あげるも300g前後萩尾アベレージサイズで終了(何気に釣れてる自分に違和感?)
今日の仕事は終了と考え後は邪魔をしないように扶養に徹する。

ご響

今回もみなさんのおかげで楽しい釣りをさせて貰えました。
乗船させて貰った「りょうまさん」ありがとうございました。
入賞もさせて貰い、感謝です。
2戦連続で扶養入賞でき、ペアマッチシリーズなんと5位入賞のオマケ付きで今年はジョーカーを封印できました。

第3位 りまるおん&たけちゅ〜♂

2,210g・3本(1050g / 41cm=りまるおん )

りまるおん

〇藩僖織奪ル

釣果分のみご紹介
その1
ロッド:mibro NOMAD C-68ML
リール:Abu Revo LTX-IB8
ライン:フロロ10lb
ルアー:自作フットボールラバージグ「りまらば」1/4oz+deps スパイニークロー3.5inch

その2
ロッド:mibro NOMAD S-63L
リール:Abu Revo MGX-2500SH
ライン:フロロ4lb
ルアー:ゲーリーカットテール4inch ネコリグ

その3
ロッド:mibro NOMAD C-68M
リール:Abu Revo Deez6
ライン:フロロ12lb
ルアー:自作フットボールラバージグ「りまらば」3/8oz+mibroデスサイズ3.75inch(プロト)

大会前の戦略

いつも通りの必死プラ。
いつも通りの恒例2日前プラ。

1週前、そして2日前プラでは、水深のあり奥行きがあるオーバーハングで好反応。
具体的には本湖南岸、送電線下〜岩盤、北ワンド東岸あたり。
ただし小さいワームではギル、小バスが喰ってくるので、バルキーなワームかフットボールジグで攻める。
1800gまでは計算できたが、優勝するためには2000gオーバーを目指したいところ。

E日の戦略

抽選の結果、たけちゅ〜♂とペア。そしてフライト順は1番。
一緒にプラをやっていたので、お互いの戦略をすりあわせて「30分で揃うから」と説得し、まずは北ワンド西岸の崩落跡のブッシュへ。
ネコリグで攻めるとファーストヒットはすぐにきたが、いきなりバラシ。すぐさま770gをキャッチ。
レゼルブでのバンクパターンを持っていたたけちゅ〜♂が300g弱をキャッチ。

崩落跡ブッシュの対岸のポイントを狙うが、ここは不発。インレット付近にフットボールを入れると簡単にバイトするが距離が遠すぎてまたまたバラし。今日も簡単じゃんと思っていたが、ここでバイトがぱったり止まる。

周囲はすでにリミット揃えているのにこちらは2本だけ。
2日前に比べて水が少し悪くなっており、カバーの中にバスがいなくなっている。
それでもカバーを狙うと、送電線下のややこしいカバーで、フォール中のバイト。この日最大の41cm・1050gをキャッチしてリミットメイク。
続けざまに300弱を追加して入れ替え。どちらもフットボールのフォール中のバイト。

その後フォローに考えていた南ワンド岬の本湖側のブレークで3/8ozフットボールにて325gを追加して入れ替え。
500〜700gクラスがあと一本欲しかったがタイムリミット。

ご響

結果的にすべて私の釣果のみのウェイインだった。

しかし、オーバーハングの下にフットボールをスキッピングで入れる戦略で、バックハンドでのスキッピングが出来ない私のために、常にフォアハンドで投げられるボートポジションを確保してくれたたけちゅ〜♂とのチームプレイでの釣果。
おかげで、深いオーバーハングから良型を引きずり出すことができた。

2,210gという萩尾にしては優勝を狙えるウェイトにも関わらず、上位陣がアホみたいなサイズを持ってくるものだから3位止まり。
残念ながらペアマッチのシリーズは逃したが、これで3大会連続入賞。ペア戦でも3位入賞。
去年も前半戦はいい位置にいたが、ここから失速したので、今年は油断することなく常に挑戦者の気持ちでしっかりと頑張りたい(プラを)(プラだけを)(いや、プラこそが命)

たけちゅ〜♂

〇藩僖織奪ル

5.6ftスピニング
DAIWA REVROS 2004
ナイロン6lb
DSTYLE レゼルヴ

SHIMANO ZODIAS 264UL-S
SHIMANO COMPLEX BB 2500HGS F4
ベーシックフロロ4lb
スモラバ、ノーシンカー

大会前の戦略

プラで好調だった岸際にレゼルブ。
オーバーハングへスモラバ。
この2本立て。

E日の戦略

抽選でりまさんとペアになり作戦会議。私は南と思ったが、りまさんが北と言うので北へ。
りまさんの目当てのポイントでバラシもあったが良型をGET。その後南へ行ったが不発。移動しながらポツポツ釣れて、キロフィッシュもゲットして上位を意識しつつ終了。
2210gを釣ったが3位でした。
ここは萩尾だぜ!?
(ここで書いた釣果はりまさんの釣果ですw)

ご響

南は不発だったのでりまさんの言う事聞いといて良かったw
私もレゼルブで釣ったんですが、りまさんに入れ替えられてしまいましたw
全てりまさんの釣果ですが、りまさんの釣果は私の釣果w
これがペア戦のイイ所。
パパ、ありがとう(はぁと)

このページの先頭へ