KNB・熊本ネットバサーズ オフィシャルサイト

日時:2018年4月1日(日)
場所:宇城市・石打ダム

時間:6:30〜11:30
大会形式:オカッパリ
参加者:20名
ウェイイン:18名
ウェイイン総数:54本

順位

順位 ハンドル名 ゲーム
ポイント
本数 最大魚 順位点 BF ペナ
1位 たけちゅ〜♂ 14p 7本 29.0cm 15p
2位 とっしー 10p 5本 30.5cm 14p
3位 SHINGO 9p 4本 32.0cm 16p BF
4位 りょうま 9p 5本 31.0cm 12p
5位 AGC 8p 4本 30.5cm 11p
6位 加勢川漁師 7p 3本 30.0cm 10p
7位 ゆーしー 6p 3本 30.5cm 9p
8位 hiRo_くず 6p 3本 30.0cm 8p
9位 ごくよん 6p 3本 28.0cm 7p
10位 Showta 6p 3本 27.0cm 6p
11位 マコト 4p 2本 29.0cm 4p
12位 きっしょう 4p 2本 28.5cm 4p
13位 やじ 4p 2本 26.0cm 4p
14位 いのけん 3p 1本 30.5cm 3p
15位 りまるおん 3p 2本 26.5cm 3p
16位 kamo-win 3p 2本 25.0cm 3p
17位 zunzun 3p 2本 25.0cm 2p
18位 馬場利夫 1p 1本 24.0cm 2p
19位 もっき NF 1p
20位 ジン NF 1p

大会概要

2018年レギュラーシーズンがいよいよ開幕。

KNBのオカッパリ戦「KNBトーナメント」第1戦が石打ダムで開催された。

10月のKNBクラシックまでの、7ヶ月にわたる全9戦に過酷にしてシビアな戦いが始まった。

 

はい、シビアさ皆無。

いつも通りの大会風景。

 

ここが石打であることを忘れさせてくれるタイかぶれ。

残念ながら釣れる多くはそのサイズだ。

 

優勝は副代表たけちゅ〜♂

全体的に不調な釣果の中、蛇籠エリアに陣取って7本をキャッチした。17年マスターズ第3戦に続く通算3勝目。オカッパリでの優勝は初。

 

2位は鎖骨骨折男とっしー。

5本10p。昨年に続き好調なスタート。

撮影した写真を各メンバーに投稿してもらうのだが、彼一人投稿が遅かった。

ホントに骨が折れる男だ。

 

3位はSHINGO。

ビッグフィッシュ賞となる32cmをキャッチしたがあと一歩及ばず。

 

4位は最大魚の差でSHINGOに及ばず、りょうま。

 

5位は一人での釣行などもってのほか。

さびしんぼうAGC。

 

スポーニングの季節、自身のお腹のコロンコロン。デブ一朗こと加勢川漁師は6位。

 

どこにもフロッグを投げるようなオーバーハングはなかったが7位に食い込んだフロッグマンゆうし。

 

8位は石打特有のイバラと、そのクセっ毛が絡んで身動きとれないんじゃないかと心配したhiRo_くず

 

クランカーとしてのプライドも全てかなぐり捨て、スピニングだけで勝負したごくよんは9位。

 

昨年のT3石打戦2位の好調さは今日は見る影もなく10位Showta。

 

11位マコト

 

12位きっしょう

 

13位やじ

 

14位いのけん

 

15位りまるおん

 

16位kamo-win

 

17位zunzun

 

18位馬場利夫

 

新メンバーもっきはホゲ。

 

ゲスト参加のジンはムカデとかクモ嫌いの社長にこき使われた影響なのかホゲ。

 

大会終了後は、石打開催恒例のバーベキュー。

散り始めの桜の中での開催となった。

 

 

上位入賞者、ならびにビッグフィッシュ賞獲得者のレポート提出先

メール提出の場合

メールアドレス info@net-basser.net

宛に

件名:[大会名]レポート

本文に登録ハンドル名を記入の上、

1.使用したタックル
2.大会前の戦略
3.当日の戦略と実際にやったこと
4.感想

を記入し送信してください。

専用フォームからの提出の場合

レポート提出用専用フォームをはこちらから(スマートフォン対応)

レポート提出締切

4月8日24時

このページの先頭へ