KNB・熊本ネットバサーズ オフィシャルサイト

日時:2017年10月15日(日)
場所:松橋町・萩尾大溜池
時間:6:40〜11:40
大会形式:ボート(エレキルール)
参加者:12名
ウェイイン:12名
リミットメイク:7名

第1位 SHINGO

1565g・3本(37.0cm・650g)・ビッグフィッシュ賞

〇藩僖織奪ル

ロッド:HL-Z671ULS-T
リール:セルテート2004
ライン:PE0.4号+フロロ3lb
リ グ:ネコリグ

ロッド:Nomad S-68M
リール:ルビアス2506
ライン:PE0.8号+フロロ6lb
リ グ:ネコリグ

大会前の戦略

前日オカッパリでプラするもホゲってしまいあまり得るものは無かったが、
降り続く雨を考慮して濁りの入るであろうシャローは捨てようかなと思ってました。

E日の戦略

フライトは4番、バックシートは大きい方の齋藤さんことAGC。
2人ともノープランだったので前を進んでる参加者の動きを見て北ワンド岬からスタート。
ノンキーをポツポツ釣りながら南下して行くと最初のキーパーサイズ340gをゲット。
それからいろんなレンジを探りネコリグでボトムべったりという所まで絞り込み370g380gでリミットメイク。
時間はまだ8時台さあここからウェイトアップというところで後ろから「ちょっとそのロッド貸してんかぁ」と前日手に入れたばかりのNomad S-63Lを手渡す羽目に。
しかもあろうことか自分でもまだ1匹も釣っていないのにすぐさまキーパーゲットのAGC。
そこから怒涛のラッシュで10数本釣り(キーパーは2本)ロッド手放す気がありませんw
仕方ないのでそのまま続けていると駐車場対岸で440g、470gを順調に入れ替え。
残り1時間を切ったところで南ワンドに沢山いたオカッパリの方々がみんな帰られ進入可能に。
南ワンド入口対岸に出来ていた小規模インレットの一番流れの激しい中で650gを追加することに成功!
その後、駐車場前で3本キーパー釣るも入れ替える事が出来ず最後までAGCの手の中にNomadが納まったまま終了しました。

ご響

ことごとく上手く行ったというかロストゼロどころかフックを1回も結び直す事も無くロッド2本で最後まで行けましたw
今年は良いところ全くありませんでしたが最後の最後で念願のクラシック優勝できて報われました。

運営に関しては最初から最後までミスばかりで申し訳ありませんでした。
皆さんの支えがあり1年間やってこれたと思っています。
ありがとうございました。
来季さらに精進します。

第2位 ケンティ

1475g・3本(34.5cm・550g)

〇藩僖織奪ル

Rod:DAIWA MACHINEGUNCAST TYPE-III
Reel:DAIWA ジリオン SV TW
Line:シーガー フロロリミテッド14lb
Lure:チャター

Rod:SHIMANO EXPRIDE163ML-BFS
Reel:DAIWA SS SV
Line:シーガー フロロリミテッド10lb
Lure:5gダウンショット

大会前の戦略

プラには入れなかったので、出たとこ勝負!
とりあえず朝一はシャローの反応がどうか確認しようと思ってました。

E日の戦略

フライトはラストフライト。
とりあえず空いてるところに入ろうと、皆さんの動向を確認。
駐車場対岸の送電線下が空いてたので、そこからスタート!
手数とリアクションバイトを狙って、5gダウンショットを選択。
水深0.5〜1メートル付近を、フォール→2〜3回シャクリ→フォール→回収、という感じで手早いキャストでシャローを流していく。
 
するとプチラッシュ突入!
500gクラスを2本、バックシートのミッチーも2本と短時間のうちに連続キャッチ!
幸先の良いスタートを切れた。

その後は、300gクラスがぽつぽつ釣れるものの、朝一のような反応はなくなった。
最後の入れ替えを狙うべく、チャターベイトをキャスト。
雨や濁りを考慮して、より強いルアー選択。
本湖南岸エリアを流していくと、終了間際意地の1本!
300gを入れ替えることに成功し、帰着となった。

ご響

2007年のバンクフィッシャーズオープンへの初参加から10年。
私の バス釣りの歴史はKNBと共にあります。
通算成績は遠く及びませんが、SHINGOと競い合うのが密かな楽しみでした。
仕事の関係で、一旦区切りとなる今シーズン最後の大会で、
SHINGOと僅差の勝負が出来たのは感慨深いものがあります。

大の大人が熱い勝負ができるKNB。また必ず戻ってきたいと思っています。

SHINGO、クラシック初制覇おめでとう!

第3位 いのけん

1180g・3本(33.0cm・495g)

〇藩僖織奪ル

キャロ用 1/8oz
ロッド:ソアレSSアジング S604LS
リール:ソアレBB C2000PGS
ライン:X4 0.4号 リーダー:フロロリミテッド2.5lb
ルアー:スイングインパクト 2inch

DS用 1/16〜1/4oz
ロッド:ワールドシャウラ 2631FF
リール:ヴァンキッシュ+カーディフスプールC2000SS
ライン:R18 3lb
ルアー:スイングインパクト 3inch

大会前の戦略

プラには行けず前日降り続いた雨で活性がかなり低いと判断しました。噂でも釣れてないとのことでアジングロッド解禁しました( ;∀;)
+100gに惹かれてフローターも準備し、自分のペースで魚を探っていこうと考えていました。

E日の戦略

雨の中の寒さと孤独な寂しさを恐れてノンボーターに急遽変更し、りょうまさんのボートに乗せていただくことになりました。
朝一は北ワンドから取水口までゆったり流すが釣れるのはノンキーばかりでした。そこから本湖をぐるぐるするもノンキ—ばかりで、りょうまさんには子バスに交じってキーパーサイズが釣れるも自分はノンキ—...
10時半過ぎから雨風が落ち着き駐車場周りにてキャロで自分にもやっとキーパーが釣れました。立て続けにもう一本キーパーが釣れ、サイズアップを狙ってワームサイズを上げDSに変更すると自身の最大魚が釣れてくれました。この一本の最大魚重量差でりまさんにも勝利できました!

ご響

嵐のクラシックお疲れさまでした。
湖上でのりょうまさんとの大人の会話楽しかったです。新参者ですがフル参戦させていただき今シーズンお世話になりました。残りのKNBオープン楽しみにしてます!

第4位 りまるおん

1180g・3本(31.0cm・425g)

〇藩僖織奪ル

釣れたタックルのみ紹介
タックル1
ロッド:ノースフォークコンポジット J Costum2.0 JPR65L
リール:Abu Revo Deez6
ライン:フロロ12lb
ルアー:クランクベイト(バレットヘッドDD、スコブルミッド他)

タックル2
ロッド:mibro NOMAD S-63L
リール:Abu Revo MGX2500SH
ライン:フロロ4lb
ルアー:自作スモラバ「りまるスパイダー」

タックル3
ロッド:ノースフォークコンポジット J-Custom2.0 DSR68L
リール:Abu Revo Rocket2500S
ライン:フロロ5lb
ルアー:スキルフル・ラウール

その他全8タックルをフロボに無理矢理積み込み

大会前の戦略

2日前のプラでは、濁りが入っており水温も10月なのに26度台。競技時間内にはまったく釣れず、午後に入って吹きだした強風の中でやっと3本揃えるほどのタフコンディション。この2日前にプラにはいったたけちゅ〜♂に聞いてもやはり同様の回答だった。
当日予報の雨でどの程度改善されるのか、はたまたさらなるタフ化するのかの見極めが出来なかったため、本湖南岸を中心にチェックしたいが、なるべく多くのことに対応出来るようにたくさんのタックルを積み込む←いつもと一緒

E日の戦略

フライト順が8艇中7番目。まずはオカッパリが入っていないうちに駐車場前のブレークと倒木をチェック。しかし無反応。
その後、南岸のシャローフラットの中にあるやや深いエリアをラウールでチェックすると小バスの当たってくるバイト。その中でさらに通していると強烈なバイト。50アップの元気な魚体をキャッチした。ジャパニーズドリーム・ナマズちゃん。おまえじゃない。
南岸沖のブレークをクランクでチェックし、SHINGOから話しかけられて気がそっちに向いた瞬間にスコブルミッドで1本目。
ひと通り流した後にスモラバでフォローすると、ブレークで2本目がヒット。
10時過ぎにmibroバレットヘッドDDで3本目をキャッチ。
全てほぼ同じサイズ。3位以下はダンゴ状態の激戦だったが、ギリギリ3位の成績を残せた。

ご響

クラシックは順位点もない一発勝負。勝者以外は全て敗者。
だからホゲってもいいのでひたすら攻めて行こうと決めていた。
秋の萩尾で実績のあった釣り方を中心に、自分の好きな釣り、好きなルアーで押し切れたので、充実感も満足感も高い。
クラシックは2大会連続の3位というのが嬉しい反面、悔しさも半分。
クラシックトロフィーの痴虫招き猫、欲しかった…

なーんて思ってたら、代表SHINGOの不手際で集計ミスが発覚し、翌日に順位が4位に降格。
入賞ラインからも落とされた。
ルールの番人を自認しているだけに、順位変動に不服はないが(そもそもルールの番人が気付かないってどうよ?)、ペア戦でジョーカーと当たったり、自分の不始末でりょうま師匠のAOYの栄光を奪ったり、最後の最後に自分が蹴落とされたりと、何かと波瀾万丈なシーズンだった。

来年も楽しく、真剣に、そしてアホらしく、マジメに楽しみましょう!

第5位 りょうま

1135g・3本(32.0cm・455g)

〇藩僖織奪ル

ロッド:Dynamis SUPER COMPETITION
DSCS-510UL-AS
リール:ルビアス2506
ライン:フロロ3
ルアー:ダウンショット、ジグヘッド

大会前の戦略

北ワンドで揃えて、本湖の沖のブレイクで入れ替えをめざす。

E日の戦略

とにかく大雨でタックルチェンジする気もおきなかったwww
結局は本湖の4-5mあたりで揃えることができたが、中々サイズが伸びず終了!

ご響

とにかく今年はぽろりおん!

このページの先頭へ