KNB・熊本ネットバサーズ オフィシャルサイト

開催日:2017年4月2日

2017KNBトーナメントシリーズ第1戦

場所:萩尾大溜池

参加者22名

ウェイイン19名

 

第1位 DEN

21p(12本)

〇藩僖織奪ル

ポイズンアドレナ 262UL-S

コンプレックスci4+2500HGS

FCスナイパー3ポンド

大会前の戦略

今年に入って3回の萩尾釣行した結果と、これまでの実績、そして「春はシャロー」ということで、メインに南ワンド、サブで南岸を釣ることに。
1週間前の釣行で、バラシが多かったので、ロッド・ライン・フックを変更して準備。
詳細は、ブログ「続・太公望の独り言」の机上プラ通り!

E日の戦略

フライト順が19番と遅かったが、予定通り南ワンドへ。
SHINGOさんといのけんさんと一緒に、南ワンドのギル天付近へ。
SHINGOさんといのけんさんは、ここで魚をキャッチするも、自分にはキャッチできず。
しばらく粘ったものの反応が無かったので、りまるおんさんとFlameさんが連発している対岸の採石場下へ移動。
日が差してきたタイミングで、採石場下の浅いエリアでダウンショットワッキーに運良く連発。
ワームやシンカーのウエイトをこまめに変え、数を伸ばす。
1時間ほどでバイトが遠くなったところで、南岸や南ワンド岬に移動し30分ほど釣りをするも、反応なし。
最後は採石場下に戻り、2本追加したところでタイムアップ。

ご響

プラの反省を元に、タックルセッティングを変更したことで、バラシもなく、集中して釣りを続けることができた。
移動した採石場下のシャローで運良く連発することができたのは、幸運を運んできてくれた黄色い服の熊本弁なまり激しい声の大きい人のおかげですw

第2位 SHINGO

18p(9本)

〇藩僖織奪ル

その1
ロッド:HL-Z671ULS-T
リール:セルテート2004
ライン:PE0.8号+フロロ4lb
リグ:ダウンショット 1/16

その2
ロッド:SSR64UL
リール:セルテート2004
ライン:PE0.8号+フロロ4ib
リグ:ダウンショット 1/16

大会前の戦略

1週間前に南ワンドのみをチェックした際、プレ大会より暖かくなりシャローに魚が上がって来ている感じがあったのでギル点付近を中心にシ ャローをランガンする作戦を立ててました。

E日の戦略

フライトは17番、予想より南ワンドに来る人が少なくいのけん君とDENさんと3人並びで間に入りました。

1週間前はシャローの枯れアシ付近で反応が良かったものの増水した為か全く無反応。

反応ないので広く探る意味も含めて遠投して沖のチャンネル付近に投げると1時間ほどで5本キャッチ。
中々の高発進も小雨が止んだとたんにフィーバータイムが終了。

しかし対岸ではシャローの枯れアシの裏で次々に釣れているのが見えるのでこちらも日が当たり
暖かくなるのを待てばバスが差してくるだろうとねばる事に。
(対岸側が東で先に太陽の日差しが当たり始めてギル天付近は西側なので竹藪もありずっと日陰)

2時間ほどねばり日が当たり始めた所でメガネから偏光に変えて水面を見るとバスが差て来ると待ち構えてた所には
コイがはたいて無数の土煙りを上げた後があり唖然としました(笑)

それからは対岸へ渡り空いてる所に入れてもらい小さい魚を数本追加して終了しました。

ご響

予想に反して朝から対岸で釣れていた魚が小さいとは思わずかなりの数が釣れていたのだけは見えていたので終わって2位だった事にはビックリしました。

再始動出来たのも皆さんが沢山集まって下さり、たどたどしい進行に寛大な心で接して下さるからだと思って感謝しております。
今後ともよろしくお願いします!

第3位 りまるおん

14p(11本)

〇藩僖織奪ル

ロッド:ノースフォークコンポジット J Custom2.0 SSR64UL
リール:Abu Garcia REVO MGX2500SH
ライン:フロロ3lb
ルアー:1/32ozジグヘッド(ゲーリー・アングリースティック、2インチヤマセンコー)

大会前の戦略

プラで掴んでいたのは、
・南ワンドは数が釣れる
・本湖はサイズがいいが増水傾向にあって場所が絞れない
・北ワンドは水が悪い
・例年に比べ水温が低い
・マコトはうるさい
ということ。
ポイントを稼ぐためには、南ワンドのシャローフラットに上がってくるヤル気のあるバスを、日が高くなったらリバーチャンネルを移動するバスをネチネチと狙う。

E日の戦略

フライト順が3番だったので、狙い通りの場所=南ワンド採石場下の岩盤横に入ることができた。
手前が1mのシャローフラットで、沖のリバーチャンネルも狙えるポジション。
雨が降る中ではじまった朝イチからコンスタントに釣果を得られるが、そのほとんどが25cm以下の1pフィッシュ。
雨も止み、日が高くなって少し反応が鈍くなったところでアングリースティックから2インチヤマセンコーにチェンジしてアクションも弱めにして対応。
計11本をキャッチしたが、最後までサイズを伸ばせず3位でフィニッシュ。

ご響

事前に得た情報とほとんど誤差がない状況だったし、参加者の中でも「読めていた」方であったとはいえ、最後までサイズアップのやり方が分からずじまい。
でも、初戦からのお立ち台はなかなか気分がいいのも確か。
次のペア戦は、釣ってる人とペアになれたらいいなぁ

第4位 いのけん

12p(7本)

〇藩僖織奪ル

ロッド:GLBS-60L
リール:フリームス2004
ライン:R18 3lb
ルアー:ダウンショット1.3g or 7g スイングインパクト3inch
ジグヘッド1.3gビームスティック

大会前の戦略

ほぼ未知の萩尾は水面までの降り方もわからないので、ポイントは前の人に着いて行こうと思いました。今年の初バスもあげれてないので手堅くダウンショットから始めようと考えていました。

E日の戦略

釣りまくりそうなオーラが漂うSHINGOさんに着いていき、終始南ワンドのギル天で粘りました。
地形について教えてもらいながらチャンネルの周辺をダウンショット1.3gでラインを張らずにネチネチと探ると1本目があがり立て続けに2、3本あがりました。
日が差してからはシャローに上がった個体を狙うためにジグヘッドで中層をミドスト気味に巻くと2本あがりました。
そこからはバイトが途絶え周りも釣れなくなり、ダウンショットに戻しロングリーダー7gで遠投し丁寧にチャンネルの中まで探りました。それからは安定してバイトが得られ11時までに7本揃いました。

ご響

初めまして!いのけんと申します。
初のKNB参戦させていただきました。
現認ルールのおかげでいろんな方と交流をすることができ、自分の中での1番の成果は人との繋がりができたことでした。これからも都合が合えば積極的に参加しますのでよろしくお願いします!

第5位 りょうま

10p(2本)

〇藩僖織奪ル

タックル(1)
ロッド:Dynamis SUPER COMPETITION
DSCS-607L-XLST
リール:ルビアス2506
ライン:PE0.6
ルアー:スモラバ、ヘビキャロ 他

タックル(2)
ロッド:Dynamis SUPER COMPETITION
DSCS-510UL-AS
リール:ルビアス2506
ライン:フロロ3
ルアー:ダウンショット、ジグヘッド

大会前の戦略

駐車場前から堰堤までのフラット&ブレイクをヘビキャロでサイズがいいのを探る!
その後、南ワンドで数釣り!

E日の戦略

大会前の戦略で考えていたことと同じイメージでやったが、本湖で1本も釣ることができずに南ワンドへ移動した。
DENさんやりまさんが10本以上釣っているという情報から、サイズがいいのを狙って南の最上流エリアで粘ることに。。。
プールのところは足場も高く、抜きあげる際にラインブレイクによる魚の落下もあったので、PE直結&重めのスモラバに変更しプール回りのカバーでゲットできました(=゚ω゚)ノ
ラスト2分で魚をかけるもシンゴ代表の陰謀により1本をバラし終了〜

ご響

10:30近くまでノーフィッシュで焦りましたがなんとか釣れてよかったです!

次からは写真を、、、、、

ビッグフィッシュ賞 ミッチー(12位)

5p(1本)=38.0cm

〇藩僖織奪ル

Rod:MEGABASS F2-b2xs
Reel:SHIMANO TWIN POWER2000s
Line:シーガー フロロ5lb
Lure:サターンワーム 3in

 

大会前の戦略

堰堤から駐車場前ワンドのブレイクをダウンショットで狙う作戦でした。

E日の戦略

朝一から戦略通りの場所で釣りを開始しました。
最初はアタリもなく、時間だけが過ぎていきましたが、
雨も降ってきてワームの色が目立たないのかも知れないと思ったので、
それまで使っていたワームのカラーをシナモンからスカッパノンへチェンジしました。
それからしばらくキャストを続けていると、いきなりガツンと大きなアタリがあり、
特訓したアワセをしっかり決めることが出来ました。
引きは強く、ジャンプしましたが、バレることなく無事にキャッチすることができ、安心しました。

ご響

ポイントに着いたと同時に雨が降ってきたことで、気持ち的には萎えてましたが、活性が良くなるかも知れないと思い、集中力を切らさずキャストを続けました。
ビッグフィッシュ賞が獲れるとは思ってなかったのでびっくりしました。バスをキャッチ出来たのは一年以上振りなので、本当に興奮しました。バスちゃんに感謝です!
そして、バックラッシュを解いてくれたりょうまくん、貴重な時間を使わせてしまってごめんね!ありがとうございました。

このページの先頭へ