KNB・熊本ネットバサーズ オフィシャルサイト

日時:2015年10月11日(日)
場所:美里町・緑川ダム

時間:7:00〜12:00

大会形式:ボート(エレキルール)

特別協賛:Studio SORA
参加者:15名
ウェイイン:4名

 

今年より(昨年からでしたm(_ _)m)レギュラーシリーズから外れ、単独決戦となったKNBクラシック。
大会結果速報版です。
参加者15名、うち4名がウェイイン。

予報では「曇りのち晴れ」というやや寒い秋の日となるはずだったが
そうは問屋が卸さないのが雨神様の恐ろしさ。
各地で運動会なども行われる秋の連休中日にまさかの大粒の雨。
そもそも防寒対策すらしていない人もいるところに雨、そして冷たい風。
そこに拍車を掛けるノーバイト地獄。
シャローにもディープにもバイト無し、魚探にも有望な魚影無し。
シリーズを戦い抜いた参加者は何の罰ゲームかという仕打ちを受けながらの
厳しい大会となった。


大会結果は以下の通り。
(カッコ内は最大魚)

  • 1位  りょうま  1本 705g  (38cm)
  • 2位  AGC  1本 380g  (31cm)
  • 3位  りまるおん  1本 305g  (29cm)
  • 4位  よしも  1本 265g  (29.5cm)
  • NF  SHINGO      
  • NF  ケンティ      
  • NF  やじ      
  • NF  hiRo_くず      
  • NF  Flame      
  • NF  心      
  • NF  rush      
  • NF  たけちゅ〜♂      
  • NF  龍青      
  • NF  馬場利夫      
  • NF  ごくよん      


撮影及び運営協力
ゆーしー
ミッチー


優勝はりょうま。
最近はどこかの神経が切れてしまったかのような釣り行きたい病となり
緑川から萩尾、MDから萩尾とりまるおんと共に釣行を繰り返し
生態観察調査にまで手を付ける(かなり楽しそうだったが)
その甲斐あって、ひとつのパターンへと辿り着き答えを出した。
貴重な1本は他の3本を突き放す大きな価値ある1本となり
自身初のクラシックチャンプへと輝いた。

尚、終了後にKNBオープンのクラシックチャンプ超え賞を知り
若干焦り気味だったのはここだけの話。


2位はAGC。
すっかりKNBに定着し、特に専門とする建築関係の作業において
りまるおんのZ1をリニューアルするなど、その実力を遺憾なく発揮しているのか
甚だ遺憾であるのかはさておき、色々と話題を提供している。
初のクラシック出場(2回目でしたm(_ _)m)となった今回はライトリグでスタート。
しかしボリュームが必要と判断したところで、いきなりビッグデッドリンガー8と
よーそんなの持ってたなと誰もが口をそろえるワームを投入。
釣れればデカいというこのワームでよく喰ったなサイズをキャッチ。
初出場で見事2位入賞を果たした。


3位はりまるおん。
今期KNB内で最も釣りに行ってると言われる程にテラリョーマ師匠と
共に週末は朝から晩まで釣行を繰り返しているりまるおん。
クラシックも数回に渡りMD入り。
週末の朝行けば必ず会えるという約束の場所にしてもいい状態。
今回はプラの段階で、誰もが釣れない中でバスをキャッチし
活路を見出しており、そして大会当日の本番で再現。
りょうまとのワンツーこそならなかったが見事表彰台を果たした。


4位はよしも。
ケンティでさえノーフィッシュという状況下で、過去2回クラシックを制覇した
よしもも相当なる苦戦を強いられる。
そもそも自分で呼んだ雨雲が状況を悪くしているのではないかとの声も
聞かれたが、どっかりとポイントから動かないりょうまと対照的に
留まる事をしらない連続移動でバスを探していく。
まったく聞かれぬ釣果にさすがにホゲたかと思われたが、最後の移動で
執念で1本をキャッチ。
サイズこそ小さいが、この悪状況下でみごとウェイインを果たした。


そして釣れない人多数となった、もはや恒例とも言える釣果のMD戦だが
今回studioSORA様から協賛を頂いたおかげで釣れなかった者にも
日の光が当たることとなり、白熱した商品争奪戦にて今年のクラシックも
無事に暖かい気持ちで終了することとなった。

 

 

 

 

大会が終わった後は、ポイント流団店で開催されていたストアイベントに出展していたmibro代表ツカケンを来襲

 

このページの先頭へ