KNB・熊本ネットバサーズ オフィシャルサイト

2015年9月13日に行われました2015 KNBトーナメントシリーズ 第3戦
 in鎧上堤・中堤の上位入賞者レポートです。
(すいません、UP忘れていました・・・)







 
1位 やじ
 8本 20p (34.5cm)




1.使用したタックル

Rod:SHIMANO EXPRIDE 266L
Reel:SHIMANO RARENIUM CI4 2500S
Line:フロロ5lb
Lure:ダウンショット リトルスパイダー(旧)

Rod:SHIMANO POISON GLORIOUS 264UL
Reel:SHIMANO COMPLEX CI4 2500HGS F4
Line:フロロ4lb
Lure:ノーシンカー  ヤマセンコー

2.大会前の戦略

プラも何もしていない状態、釣り自体が先週のペア戦以来でしたのでとりあえず調子の良かったノーシンカーのヤマセンコーと中堤で成果があるダウンショットのリトスパでなんとかなるかなと机上の空論を立ててみる。
ペア戦で年間ランキングが5位まで上がったが、いかんせんトップ4人との差が(笑)
最終戦が終わった時ランキングが下がらないことを願ってみる。

3.当日の戦略と実際にやったこと

多数が中堤に向かうなか上堤の遊歩道の下をノーシンカーを打ちながら進みますが何も起こらず。しばらくイントレットで他のメンバーと話ながら釣りをしましたがやっぱり何も起こらず。
したがって中堤へ。いつもの第二ワンド入口に入りダウンショットのリトスパを投入。リアクションを入れたりずる引きしたりと手口を変えながら釣っていきます。第二ワンドで6本、第一ワンドに戻る途中で2本追加で時間になり終了になりました。

4.感想

最終的に10バイト2バラシ。
全体的に釣れて無いなかでは満足できる結果でした。リアクションはほとんど入れずスローのずる引きが良かった。
年間ランキングは5位で終了。一年間お疲れさまでした。

今年はノーシンカーの釣りが色々と試せて釣りの幅が広がったかなぁと、来年はフロッグを勉強ですね。まずはロッドとリールか(笑)



2位 シュガー
 5本 14p (39.5cm) *BF




1.使用したタックル
ロッド:shimano   POISON ADRENA264UL

リール: shimano   COMPLEXCl4+ 2500HGS F6

ライン:フロロ4lb

リグ:ダウンショット

2.大会前の戦略
いつもの岬近辺で粘り釣ろうと考えてました。

3.当日の戦略と実際にやったこと
朝一から第4ワンド手前の岬に行こうと思ってたら中村タイガーに
呼び止められ出足が遅れ、仕方ないので中堤はいってすぐ左下に
降りたところからスタート。幸先よくブッシュ際で一本、ブレイクで一本
時計を確認すると7時ちょい過ぎ、ちょっと心に余裕ができたのかいつも
は行かない上堤へ、しかし駐車場から流していくもなにもなし、なので
中堤へと歩を進め、スロープのところでヒット!陸にあげてからフックが外
れて痛恨のバラし(泣)気をとりなおして、いつもの岬で再開だが、水位が
高く木もありキャスト範囲が狭い!あたらない!この場を見切り蛇籠終端
まで行くがいまいちだったので折り返す。
朝釣った場所で時間までと思い戻りながらキャストしていくと第2ワンドで
一匹、第1ワンドで二匹(BF)の計5本で終了。

4.感想
初めて立てたのでとてもうれしかったです。
賞品を肩に担いで意気揚々と帰宅したのはいうまでもありません。




3位 馬場利夫
 4本 11p (35cm)




1.使用したタックル
釣れたやつ→ヘッジホッグF4st(いつもの)

2.大会前の戦略
特に無し

3.当日の戦略と実際にやったこと
まず朝一は上堤。
状況芳しく無く中堤へ移動。
いつものポイントでいつものように釣ってたら釣れました。

4.感想
やっぱ中堤が自分の釣りには性に合ってるね〜。




4位 心
 4本 9p (33.5cm)




1.使用タックル
シマノ  ゾディアス264UL-S+KALOS  S2000
REALMETHOD BASS?GR S67L+ CP?1173+シマノ  ストラデックス2500S
ワーム、ゲーリカットテール4
2インチセンコー、シーザコム3、ガルプ サンドワーム2インチ

2.大会前の戦略
2日間プラに入って、釣ってはいたが絶対的な確信がもてず、何をすれば必ず釣れるか迷走のまま、ライトリグ2本であらゆる想定で挑む事にしました!

3.当日の戦略
まずは、上堤で何とか2本は取りたいと上堤の最奥にいきましたが一般の釣り人が多数いて釣りにならない状況が続きメンバーが続々と中堤に行くなか最最奥の遊歩道したで何とかファーストフィッシュ、急いで駐車場手前にいたメンバーの所に行き現認してもらい、駐車場すぐの遊歩道下で40UPをラインブレイク、すぐさま打ち直したら、明らかに形違いのバスがヒット、その後、一般の方が最奥から戻って来たので再度最奥に、最奥手前のドデカイ岩のストラクチャーでギリキーパーをキャッチ、更に最奥の岩盤でラストフィッシュ!
最後まで、パターンが解らないまま、ラッキーフィッシュで4本取れました!

4.感想
今回は、プラでパターンが掴めて無かったので相性の良い上堤にいたのがラッキーでした!
久しぶりに、悪戦苦闘した上堤でした!
何とか入賞し、クラシック権利を獲得出来たので良かったです!




5位 SHINGO
 3本 8p (32.5cm)




1.使用したタックル
 ロッド:HL-Z671ULS-T
 リール:セルテート2004
 ライン:PE0.8号+フロロ5lb
 リ  グ :ダウンショット 1/16
 
2.大会前の戦略
前日プラで上堤の方で数は多く上がるもサイズが見込める中堤で勝負しようと思っていました。
 
3.当日の戦略と実際にやったこと
朝起きてからスタートするまで電話掛け続けていましたが出てくれません、嫌われているんでしょうね。
しかたないので前日シェアしようと話していた蛇籠の所からスタート。
AGCさんフレさんと釣れて自分にも30cm程のがヒット。
やはりサイズが上堤より良かったので粘るもあたりが無いので移動。
堰堤からアウトレットの方まで行くも魚の気配はなく蛇籠の所まで戻る事に。
フレさん近くの木の下に見えバスがいたのでそっとお邪魔して2本目頂きました。
それから沖の方で3本目をキャッチして移動することに。
3番ワンドで釣りしていると電話が鳴り出てみると朝から掛けていた相手がやっと掛け直してくれたようです。
しばらく話をしているとキャストして空いてる手でシェイクしているロッドにあたりが!
しかしのらず…もうしばらくシェイクしているとまたあたりがあったので今度は「また掛け直す!」
と一旦切り、ファイト。
ドラグをジリジリ鳴らしながら上がってきたのは…木の枝でした〜(笑)
最初のあたりは明らかに魚だったので再度キャストするとすぐさまヒットしましたがジャンプさせてしまいさようなら。
そっとスマホをポケットに入れて電話相手に会いに行き八つ当たりしました。
しかもそれからというものさっぱりあたりが無くなりうろうろして帰着時間となりました。
 
4.感想
前日は魚がひっきりなしにさしてきてた気がするけどこの日は全然でした。
魚が散らばっちゃう秋は苦手です。
 

このページの先頭へ