KNB・熊本ネットバサーズ オフィシャルサイト

KNBクラシック2014 出場権利獲得者紹介 その1  の続き。


ゼッケンNo.17 雄


KNB2014シリーズ : 総合8位

ご存じ恐怖のだいo…失礼。前半は低調な成績だった彼。
後半どんな手をつかったかわからないが年間シングルの成績へと返り咲いた。
相変わらず黒い噂が絶えないがあまり突っ込むと命の危険性がある為、この辺にしておきたい。
雄さん、今日もさすがっす!パねぇっす!



ゼッケンNo.27 たけちゅ〜♂

KNB2014シリーズ : 総合17位

のんびりと平和に釣りをする彼は成績のほうものんびりであったが夏の中堤にて覚醒。
今年もありがたくアイスやかき氷をメンバーに振る舞ったのだが、
今年から彼の成績次第で差し入れの有無が決まっているようである
尚、差し入れにかかった費用については後日マコトに請求予定である。




ゼッケンNo.27 たく

KNB2014シリーズ : 総合6位

海釣りの帰りがけにKNBの大会がやっていれば立ち寄る彼。
今年はよほど海に釣りに行ったのか、多くのシリーズに参戦でき、成績も上々である。
彼をバックシートに乗っけるともれなく最近の浮いた話をしてくれる。
内容はリア充チックだが結構ドス黒いことを言うので注意。





ゼッケンNo.41 加勢川漁師

KNB2014シリーズ : 総合46位

一応KNBのクラブマネージャーだが、今年彼が参加している姿を見かけた者はいるだろうか。
新メンバーの中ではきっと「この人だれ?」的な展開になることは容易に予想できる。
写真の通りウィンター1戦にちょこっとだけ参加していたらしい(確か去年同様早退)。
そんな彼だがカスターズ鯉釣りにて2連覇を達成し権利を獲得。
鯉釣りは桁違いに強いが、KNBにおいてはもう3〜4年バスを釣っていない。





ゼッケンNo.47 シュガー


あ、間違えた。正しくはこっちね。


KNB2014シリーズ : 総合14位

今年は年間通じてシリーズに参加したことでクラシック権利獲得。
KNBメンバーである荘々(写真上)に似ていることで一大ムーヴメントを引き起こした。
ユーレイ部員脱却し、KNBの新しい顔となることができた彼は今大会のダークホースとなれるか。




ゼッケンNo.102 陸猿

KNB2014シリーズ : 総合23位

昨年末のおやじオフでデビューし、ウィンターシリーズ総合2位とセンセーショナルな幕開けだった彼。
肉体派アングラーというこれまでないキャラ確率が期待されたが現在ではユーレイ部員化している。
先日、BBS上での生存が確認されており、ジャングル奥地で猛獣と交戦し大けがして釣りができない状態との事。
リハビリを考慮すると今回の出場は難しい状況かもしれない。





ゼッケンNo.104 AGC@UFC

KNB2014シリーズ : 総合12位

UFCってなんですか?と聞かれなくなるくらいKNBに溶け込んだ彼。
・遅刻する
・釣れてないのに釣れたと言う
・長州力の真似で「サイパン」と連呼する
平日参加の写真には家族にバレないようにモザイクをかけろとうるさい
あまりイイところは見当たらないが十分にKNBを満喫できているようで何よりである。
クラシックでもきっとおもしろいことをやってくれるだろう。





ゼッケンNo.109 しゅうぞー

KNB2014シリーズ : 総合7位、新人王

控え目ながらも確かな釣りの実力をみせたいぶし銀の彼は今年の新人王を獲得。
寡黙で真面目そうな外見からは「自分、不器用っすから」とか言ってそうだが、
笑い方はなんていうか、ものすごくエロい。



以上が今年のクラシックで熱い戦いを魅せてくれるであろう21名となる。
どれだけのメンバーが本番参加できるかはまだ明確ではないが、
当日は珍プレーとか珍プレーとかAGCの珍プレーに期待したい。

このページの先頭へ