KNB・熊本ネットバサーズ オフィシャルサイト

(2019年1月14日改訂)

KNBの大会への参加規定と大会の開催についてのルールについて

 

1.熊本ネットバサーズ(以下KNB)が主催する大会への参加資格

下記に該当することが参加の条件となります。別に記載する、KNB入会規約も併せてご覧ください。
  • KNB入会規約、KNBフィールドガイドライン、KNB大会開催/参加規定、および各大会のルールについて把握、同意した者が、大会の申込期間中にエントリーフォームより、必要事項を記入し送信することによってKNB登録メンバーとなり、大会への参加申込を完了することとなります。

2.未成年者の参加について

  • 初回参加時に「KNB主催の大会参加に関する同意書」に保護者自筆のサインされたものを提出していただきます。
  • 大会参加時には、保護者もしくは保護者同等の責任(保護者から委任された方)を負える方の参加、もしくは同伴が必要となります。
  • この場合、KNB参加メンバーが保護者扱いであっても構いません。
  • 未成年(18歳未満)の大会への参加同意書はこちらのページよりダウンロードしてください。

3.大会への参加費について

KNBが主催する全大会(「レギュラーシーズン」と呼称します)への参加費は以下のとおり。
各シリーズごとに初回参加時と2戦目以降の参加費が変わります

●KNBマスターズ/クラシック等ボート競技の参加費

  • シリーズ初回参加費=3000円(中学生以下2000円)
  • 2戦目以降の参加費=2000円(締切以降の申込の場合=2500円)

●KNBトーナメント等、オカッパリ競技の参加費

  • シリーズ初回参加費=3000円(中学生以下2000円)
  • 2戦目以降の参加費=1000円(締切以降の申込の場合=1500円)

●KNBペアマッチ、ウィークリートーナメント他、単発大会の参加費

  • シリーズ初回参加費=3000円(中学生以下2000円)
  • 締切後エントリー=1500円(締切以降の申込の場合=2500円)
初回参加時の申し込み期限について

スポーツ安全保険への加入義務化に伴い、各メンバーの初回参加前にKNBで加入申し込み手続きを行います。そのため初回参加の際には、事前エントリーの締切を過ぎたあとの受付はできません。必ず大会参加申し込み締切までにエントリーを行ってください。

出場キャンセルの場合について

参加申し込みを行ったにも関わらず、その後出場をキャンセルされる場合が、状況により下記のとおり費用を徴収します。

  • レギュラーシーズンの初回参加時に大会直前にキャンセルした場合=登録した保険料+手続き料として2000円をお支払いください。この場合、次回参加時以降は2戦目以降の参加費で参加できます。
    ※レギュラーシーズン初回参加の段階でスポーツ安全保険への申し込み手続きを行うため、レギュラーシーズン初回参加時の申し込み締切日以降のキャンセルについては、必ずキャンセル費用が発生します。ご注意ください。
  • レギュラーシーズン通算2戦目以降の場合のキャンセル=費用は発生しません。
    (その年に開催される全ての大会の初回参加時に適用されます。各シリーズ毎の初回参戦時のことではありません)

4.大会の成立について

  • 大会は天候を予測しながら、参加者の安全を考えて開催します。
  • 前日までに注意報、警報等荒天の恐れがある場合はKNBのサイト上で中止を宣言します。
  • 中止の場合は、大会スケジュールにより順延、もしくはその大会自体が中止となる場合があります。
  • 競技開始後、急な荒天により競技を中止する場合があります。この場合、競技開始後2時間が経っていた場合は競技成立とし、それまでの釣果をもとに順位の集計を行います。
  • 競技開始後2時間に満たない場合は、大会不成立とします。この場合、用意してある賞品を抽選会で振り分け、大会参加費の半額を返還することとします。年会費についてはいかなる場合も返還はありません。

5.大会中の事故について

  • 大会開催中、競技に支障のでる状況、もしくは人命に関わる事故が起きた場合は、事態の回復に努めるため、競技を中止する場合があります。
  • 周囲で起こったトラブルについては、競技中であっても協力して事態の収拾に努めて下さい。→近くで事故が発生した場合は、周囲の者は速やかに競技を中止し、事故の状況の把握、周囲への連絡、負傷している場合はその処置をする努力をしなければならない。
    大会スタッフは連絡を受けたあと、状況により大会を中止する判断と、全メンバーへの連絡を行う
    事故の内容、状況を大会開催後に事故対象者にヒアリングを行い、自己の注意義務怠慢による事故の場合は、ペナルティの対象とする
  • 下記の条件に当てはまる状態を、参加者過失による「事故」と認定し、それを起こした参加者にはペナルティが科せられる。「事故」については必ず大会責任者に報告し、状況を説明する義務を負う。これらのペナルティの判断については大会責任者、およびKNB運営部によって判断する。
    1. ボート戦において落水した場合は状況を作った場合はペナルティの対象となる。二名以上が同船したボートが落水した場合は、落水の如何に問わず二名ともペナルティの対象となる。
    2. オカッパリ戦の場合は、腰まで落水した場合はペナルティの対象となる。
    3. ボートの駆動方式のトラブルにより、自力で航行出来なくなった場合。(帰着時や周囲の参加者の協力を得て競技が続行できる場合を除く)
    4. 参加者の不注意により、他の参加者に怪我を負わせたり、自身の不注意により怪我を負うなどして、大会の進行を阻害した場合。
    5. 天災やヘビやハチ等の生物による怪我など、予測不能な突発的な事故についてはこの限りではない。
  • 大会中に関する全ての事故・トラブルについては、「KNB入会規約」の「5.免責事項について」が適用されます。

6.大会中の禁止行為

  • ゴミを捨てる、備品を壊すなどのフィールドでの施設、自然の破壊行為
  • KNBメンバーを含む他のアングラーへの迷惑をかける行為
  • その他、KNBやメンバーが不利益を被る可能性のある言動や行為

このページの先頭へ