KNB・熊本ネットバサーズ オフィシャルサイト

KNBからのお知らせ/最新情報を掲載しています。

2019年のKNB大会スケジュールを下記のとおり予定しています。


なお、会場・開催日時は水位や諸事情により変更になる場合があります。
また、大会当日の荒天予想等による中止、もしくは延期になる場合があります。
当サイトのお知らせやFacebook、Twitterでの開催告知を必ずご確認ください。

 

続きを読む >>

日時:2019年6月2日  
場所:松橋町・萩尾大溜池  
時間:6:00〜11:00

大会形式:ボート戦   
参加者数:15名(ボーター9名/ノンボーター6名)

ウェイイン数/率:10名 / 66.7%                      
リミットメイク数/率:1名 / 6.7%                      
総ウェイイン本数:19本                      
ウェイイン総重量:7,070g                      
1匹の平均重量:372g

 

続きを読む >>

概況(6月2日時点)

計4戦を消化して折り返した今年のレギュラーシーズン。

例年、1位の順位点基準は1戦平均12〜14pで推移する。すなわち4戦消化時点では暫定1位の獲得ポイントは48〜56pだが、現時点での暫定1位は39p。1戦平均ポイントは9.75p。全戦でお立ち台に立った選手はゼロ、毎戦で上位陣が入れ替わる今年の激戦ぶりを象徴している。

 

暫定1位はりまるおん。

Tシリーズは暫定24位と大不振(平常運転とも言う)だが、マスターズ2戦連続優勝そして連続ビッグフィッシュ賞で36pを獲得して一気に急浮上。

 

2位はいのけん。

KNB-T第2戦に引き続き、マスターズ第2戦でも2位を確保して6位から大きくジャンプアップ。

大会前の激辛つけ麺は競技の支障となり、勝利も、そしてう○こも漏らしそうになることを学んだ若きアングラーの今後に期待だ。

 

3位はブラジリアン・ケンティ

混迷の上位5名の中で唯一ノーフィッシュ、または不参加が無く全戦でウェイインしているのは彼のみ。

 

マスターズ第2戦で欠席だったCONNI-ZA、そしてノーフィッシュでブレーキとなったSHINGOが4、5位へと後退した。

 

1位から20p差までの選手が14名という大混戦模様。残り3戦、AOYの行方はまだ不透明だ。

 

新人賞争いは4位のCONNI-ZA、それを9位のはるきが5p差で追う。

 

続きを読む >>

第2戦までの概況

萩尾での2連戦が終了したマスターズ。

萩尾でだけは好結果を残す「必死プラおじさん」りまるおんが2戦連続優勝とビッグフィッシュ賞を獲得し、後続を大きく引き離しての暫定首位。

初のシリーズチャンピオンも確定という声も聞かれるが、昨年も最終戦を残した段階で2戦連続2位で暫定首位なのに最終戦でホゲて順位を落とした。

萩尾以外ではただのおっさんレベルの実力なだけに、大番狂わせの可能性もある。

 

2位は「萩尾の住人」DEN。

2戦ともお立ち台に入る堅実ぶり。 熊本に住む息子の家を拠点としたプラクティスが実を結んでいるようだ。

入賞したら寿司が食べられるというDEN家ルールが設定されているため、家族もこの結果には大喜びだ。

 

3位はKNBファミリー軍団の一角・たけちゅ〜♂。こちらも2戦連続入賞で堂々の順位を確保している。

ここまでの3人に共通するのはTシリーズでは大不振&出場していないおっさんだということ。

マスターズは歩くのにも疲れるおっさんのための大会なのかもしれない。

 

4位はShowta、5位いのけんとノンボーター勢が食い込んでいる。

 

現時点でのクラシック獲得権利枠は4位まで。2位以下は大混戦、もしくは萩尾以外では輝かないりまるおんがひっくり返るドラマが起こるのか、最終戦の行方に期待したい。

 

なお最終戦では、りまるおんによるシリーズ全大会優勝という「パーフェクト」にリーチがかかったが、その一方で、よしも、マコトの二人には全戦参加全戦ノーフィッシュの「逆パーフェクト」のリーチがかかっている。

続きを読む >>

日時:2019年6月2日 
場所:松橋町・萩尾大溜池 
時間:6:00〜11:00

大会形式:ボート戦  
参加者数:15名(ボーター9名/ノンボーター6名)

ウェイイン数/率:10名 / 66.7%                     
リミットメイク数/率:1名 / 6.7%                     
総ウェイイン本数:19本                     
ウェイイン総重量:7,070g                     
1匹の平均重量:372g     

続きを読む >>

日時:2019年5月12日
場所:松橋町・萩尾大溜池
時間:6:10〜11:10

大会形式:ボート戦 
参加者数:18名

ウェイイン数/率:12名 / 66.7%                    
リミットメイク数/率:4名 / 22.2%                    
総ウェイイン本数:22本                    
ウェイイン総重量:8,965g                    
1匹の平均重量:408g          

続きを読む >>

KNBクラシック2018(11月17日・萩尾大溜池=予定)出場権利獲得条件

  • KNBレギュラーシーズン(KNB-T、マスターズ)の各大会優勝者
  • KNBトーナメントシリーズ 年間ランキング上位20%以内
  • KNBマスターズシリーズ 年間ランキング上位20%以内
  • KNBレギュラーシーズン全戦参加者(皆勤賞)
  • 上記以外の選手の中で、レギュラーシーズン総合順位(AOYランキング)上位2名(ワイルドカード)

各大会優勝者

  • 小倉パン株式会社(KNB-T#1優勝)
  • AGC(KNB-T#2優勝)
  • りまるおん(マスターズ#1優勝)

KNBマスターズシリーズからの権利獲得

KNBトーナメントシリーズからの権利獲得

KNBペアマッチシリーズからの権利獲得

皆勤賞からの権利獲得

ワイルドカードからの権利獲得

日時:2019年5月12日
場所:松橋町・萩尾大溜池
時間:6:10〜11:10

大会形式:ボート戦 
参加者数:18名

ウェイイン数/率:12名 / 66.7%                    
リミットメイク数/率:4名 / 22.2%                    
総ウェイイン本数:22本                    
ウェイイン総重量:8,965g                    
1匹の平均重量:408g                    

続きを読む >>

2019年運営スタッフ

代表:SHINGO(岩田慎吾)

副代表:AGC(斉藤栄士)/たけちゅ〜♂(西山武)

WEB・広報:りまるおん(岡本敏宏)*会長兼務

クラブマネジャー:加勢川漁師(中野功一朗)

保険:hiRo_くず

庶務:Flame

2019年メンバー

1    SHINGO

2    りょうま

3    やじ

4    りまるおん

5    よしも

6    hiRo_くず

7    Showta

8    たけちゅ〜♂

9    AGC 

10    マコト

11    とっしー

12    kamo-win

13    いのけん

14    zunzun

15    DEN

17    加勢川漁師

18    きっしょう

19    RYUSEI

21    かず

24    ごくよん

25    ケンティ

26    馬場利夫

 

2019年新メンバー

101    水屋

102    とわ

103    はるき

104    たか

105    ナントのカズ

106    小倉パン株式会社

107    CONNI-ZA

108    しろくろ

109    ヨシ

110    ショーのすけ

111    SEKAINOOSU

112    ひーくん 

 

第2戦までの概況

20周年を迎えたKNB伝統のシリーズ「KNBトーナメントシリーズ」も前半戦を終了。

今年から参加したフレッシュな顔ぶれと、古参勢が上位を争っている構図である。

 

暫定1位はCONI-ZA。

ほとんどのメンバーから「え?新メンバーだったん?」と言われるほど顔なじみだが、今年から本格的に参戦。

NBC陸釣りでも常に上位に位置する実力はここでも健在。2戦連続で4位という安定性で暫定1位に躍り出た。

ただフレッシュな顔ぶれと前述したが、いきなりただのおっさんが出てきたことには表現上のお詫びを申し上げたい。

 

暫定2位は同じく今年から参加した小倉パン株式会社。

長いハンドル名は大体短縮されて呼ばれるようになるのがKNBも、そして世の中の常であるが「小倉くん」と呼ばれることはなく最近は「パンくん」との呼び方が一般的になりつつある。

第1戦をデビュー戦優勝、2戦目で順位を落としたが暫定2位を死守している。

 

3位はKNBファミリー軍団の一角・AGC。

ペア戦という相方の成績でしか優勝したことのなかった「他力本願」男が、石打でまさかの自力優勝。ビッグフィッシュ賞も獲得し暫定3位に躍り出た。

釣りの神様もたまには気まぐれをするものである。

 

4位はマコト。

順位は頭一つ抜けた感だが、身長的には埋もれた感。

 

5位以降、きっしょう、SHINGO、いのけん、水屋と続く。

いまだ大混戦のKNB-Tシリーズ。後半戦はどういう順位構図となるのか注目だ。

続きを読む >>
1
2
3
4
5

このページの先頭へ